カート カート 0
0商品がカートに入っています。 合計:0円 カートを見る

体からのSOS!?ニキビができる場所で分かる「健康状態」とは

体からのSOS!?ニキビができる場所で分かる「健康状態」とは

体からのSOS!?ニキビができる場所で分かる「健康状態」とは

「ニキビができるのは、脂性肌だから」
「もともとニキビができやすい体質だし」

30代や40代女性のなかには「ニキビはできて当然のもの」と考え、スキンケアを諦めてしまっている方もいます。
しかし、それは間違いです。

ニキビはできる場所によって、あなたの健康状態を知らせてくれています。
体からのSOSに気づかずにいては、きちんとしたスキンケアもままなりません。

ニキビを諦める前に、まずは体と向き合ってみてはいかがでしょうか?

ニキビができる場所から見る「体の健康状態」

特にニキビができる場所によって、体からのSOSの種類も異なります。
体のメンテナンスをする際の目安にしてみてくださいね。

■おでこ
おでこにニキビができやすい場合は、食事内容を見直してみましょう。
忙しくてついコンビニエンスストアのお弁当を常食してしまう、加工食品などをよく食べる、脂っこいものが好きなど食事に偏りがあると、胃腸の不調を引き起こし、おでこにニキビができやすくなってしまいます。
さらにケーキやお菓子などの食べ過ぎにより、糖分を摂りすぎている場合もおでこにニキビができやすくなります。
できるだけ野菜を食べるようにする、時には自炊するなどを心がけましょう。


生理前に「ニキビができる」「ニキビが悪化する」原因は?

■頬
頬にニキビができやすい方は、生活習慣を見直してみましょう。
たとえば睡眠時間が短い、もしくは不規則な睡眠時間などが原因として考えられます。
さらに便秘気味の方も頬にニキビができやすくなります。

まずは、毎日決まった時間に寝て約8時間の睡眠時間をとるように心がけましょう。
また、寝つきが悪い方は以下の方法を試してみてください。

・湯船につかり体を温める
・バスタイム後にストレッチをする
・コーヒーや紅茶などカフェインが含まれている飲み物を避ける
・飲酒を控える
・パソコンやスマートフォンを見て目を刺激しない
・便秘気味の方は、腸内環境に良いといわれるプルーンやヨーグルト、バナナ、リンゴ、海藻類を摂るように心がけてみましょう。

■アゴ周辺
口元などのアゴ周辺は、ストレスがため込んでいないか、水分を不足していないかを見直してみましょう。
女性は1日に約2リットルの水分を摂る必要があるといわれています。

コーヒーや紅茶などのカフェインは利尿作用があるので1日3杯までに留めましょう。
そして、体を冷やさないように水分を摂る時は常温の水、もしくは白湯を飲むようにしてください。
一気に大量の水を飲むのではなく、コップ1杯の水を少しずつ飲むように心がけましょう。

■鼻
鼻にニキビができやすい場合は、女性ホルモンのバランスが乱れている恐れがあります。
規則正しい生活を送っているか、ストレスは溜めこんでいないかを振り返ってみましょう。

さらに、女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンを食事で摂るようにしてみてください。
オススメな方法は、朝に豆乳を飲み、夕食に納豆を食卓にのせること。
これなら料理する必要もないため、さほど手間になりませんよ。

なんとなくニキビケアするのではなくて、場所によって自分の不調を判断する目安にしてみると、より体のメンテナンスに役立ちます。
ご自身のニキビはどこにありますか?

まずは、そこからチェックしてみてくださいね!

この記事を読んだ方におすすめ