カート カート 0
0商品がカートに入っています。 合計:0円 カートを見る

秋の味覚を楽しみながらエイジングケアができるビタミンとは?

肌寒い季節になってきましたが、みなさまは体調など崩されていませんでしょうか?
気温が下がってくる季節は栄養たっぷりの旬の食材で元気を出したいですね。
秋が旬の食材には、きのこや鮭がありますが、実はこれらには共通して多く含まれる"ある栄養素"にはエイジングケア作用があるとして近年、着目されています。

秋の味覚を楽しみながらエイジングケアができるビタミンとは?
その栄養素とは"ビタミンD"。
よく知られているビタミンDの健康効果は骨を丈夫にすることですが、免疫力を高めたり、ダイエットやうつ病予防、認知症や筋肉の衰えを防ぐ効果もあります。
美容や健康、エイジングケアとさまざまな効果が期待できる、まさに生活に欠かせない栄養素なのです。
ひどくなると自律神経のバランスも悪くなって胃腸や精神面にも影響が出てしまいます。

ビタミンDは食物からの摂取以外にも、紫外線に当たることにより体内で作り出すこともできますが、じりじりとした日差しがやわらいだ秋・冬や、紫外線対策で日焼け止めを塗っている人、昼夜逆転の生活をしている人などは、体内でビタミンDを十分に作ることができずに不足しがちです。
しかし、紫外線は、シミ・シワ・たるみといった肌のダメージを引き起こすなどの一面もあるため、紫外線の害ダメージを防ぎつつ太陽と上手につき合っていくためには、食事からしっかりビタミンDを補給したいものです。

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」から、1日のビタミンDの摂取目安量は男女とも5.5ug、上限量が100ug(18歳以上)とされています。

秋の味覚を楽しみながらエイジングケアができるビタミンとは?

ビタミンDは魚やきのこ類以外には、ほとんど含まれておらず、季節や生活スタイルによっても不足しがちな栄養素です。
栄養価の高い旬の食材を、食事のメニューに取り入れることはもちろん、不足分は賢くサプリメントで補って賢くエイジングケアしましょう!

この記事を読んだ方におすすめ