カート カート 0
0商品がカートに入っています。 合計:0円 カートを見る

肌の赤みの原因は菲薄化(ひはくか)かも

肌の赤みの原因は菲薄化(ひはくか)かも

肌の赤みの原因は菲薄化(ひはくか)かも

メイクの時などに気になる、肌の赤み。ファンデーションなどでキレイに隠せればいいですが、悪化するとかゆみを感じるようになってしまうこともありますね。
毎日のスキンケアでもなかなか改善しない肌の赤みの原因は、「菲薄化(ひはくか)」という現象かもしれません。
肌が薄く、弱くなってしまう「菲薄化(ひはくか)」のメカニズムと対策法をご紹介します。

気になる赤みの原因「菲薄化(ひはくか)」のメカニズム

肌の「菲薄化(ひはくか)」とは、角質層や真皮層が薄くなって炎症を起こしてしまう現象です。菲薄化が起こる原因には、主に3つのものがあります。

1つは、年を重ねることによって真皮層のコラーゲンなどの成分が減少してしまうことです。
肌の弾力を保つ役割を持っているコラーゲンが少なくなると、肌が弾力を失って薄く痩せてしまうのです。

2つめの原因は女性ホルモンの減少です。
女性ホルモンはさまざまな「女性らしさ」をキープする役割を果たしています。肌のうるおいを保つ働きも持っているため、これが減少してしまうと肌から水分が失われやすくなり、さらにコラーゲンの生成にも影響が現れてしまうのです。

3つめには、肌への余分な刺激が挙げられます。
過剰なピーリングやゴシゴシとこするように洗顔することなど、日頃のスキンケアの中でも肌の菲薄化の原因となることが多くあります。また、肌の乾燥も原因の1つ。

菲薄化は年を重ねることで起こりやすくなるものではありますが、間違ったスキンケアや女性ホルモンの減少は若い方にも無関係なことではありません。肌の赤みが気になったならば、少しでも早く対策するようにしましょう。



健康な肌を守る!「菲薄化」対策法


健康な肌を守る!「菲薄化」対策法

■洗顔・スキンケアは優しく行う
菲薄化から肌を守るためには、とにかく肌に余分な刺激を与えないように心がけることが大切です。
クレンジングや洗顔にはやわらかいテクスチャーのクリームタイプのものを使ったり、洗顔料をよく泡立て、たっぷりの泡で洗うようにしてくださいね。
スキンケアは入念な保湿が重要です。肌は乾燥しているだけで、刺激に弱くなり炎症を起こしやすくなってしまうのです。
化粧水やクリームをつける時もゴシゴシと塗り込んだり過剰なパッティングはせず、優しくハンドプレスして肌の奥まで浸透させましょう。

■バランスの取れた食生活で内側から働きかける
コラーゲンやエラスチンの減少による菲薄化には、体の内側から働きかけて肌を健康的な状態に保つことが必要。体の中でコラーゲンを生み出す働きをサポートする役割を持つ食材を積極的に取り入れるようにしましょう。

オレンジやレモンなどのかんきつ類に多く含まれるビタミンC、そしてシジミやあさりに含まれる亜鉛、バナナやじゃがいもに豊富なカリウムなどのミネラルは、コラーゲンの生成に欠かせない成分です。
栄養バランスの取れた食事を心がけることが、何よりも美しい肌をつくるためには大切です。

■十分な睡眠でホルモンバランスを整える
ホルモンバランスの乱れの最大の原因は睡眠不足です。
眠っている間、私たちの体の中ではさまざまなホルモンが分泌されています。特に寝入りの3時間はホルモンバランスを整えるにおいて大切な時間です。

本来的には8時間ほど睡眠時間が取れればいいのですが、忙しい毎日では難しいところですね。短時間の睡眠であっても、始めの3時間しっかり深く眠ることができれば、ホルモンバランスを整えることができるのです。

日頃の生活習慣を少し見直すだけで、肌の菲薄化を防ぐことができます。さっそく今日から心がけて、健康的で美しい肌をキープしましょう!

この記事を読んだ方におすすめ