カート カート 0
0商品がカートに入っています。 合計:0円 カートを見る

UVケアは夏からでは遅い!「春」から始めるべき対策とは

UVケアは夏からでは遅い!「春」から始めるべき対策とは

UVケアは夏では遅い!「春」から始めるべき対策とは

ぽかぽかとした温かな日が続くようになりましたが、寒さから解放されると心も体もウキウキと楽しくなりますよね。
しかし、薄着になるときには気を付けなければいけないことがあります。
それは「紫外線」。「夏はもう少し先だし、UVケアはまだ大丈夫」と思っていると、後悔をしてしまうことになるかもしれません。
今回は、今から始める「春」の紫外線対策についてご紹介いたします。

「春」も紫外線が降り注ぐ!?紫外線の量とは

「紫外線」と聞くと、どうしてもさんさんと太陽が照りつける「夏」の季節を想像する方が多いと思いますが、実は「春」到来の4月は、降り注ぐ紫外線の量が急増する時期。
5月にもなると、6月~7月の夏本番との紫外線量はほぼ変わりません。

春は夏と同じくらいの紫外線が降り注いでいるので要注意の時期なのです。
まだまだ気温が低いからといっても油断は大敵。しっかりとしたUVケアが大切です。



「春」に紫外線対策をすべき理由

春は紫外線量が増えるということはすでにお話ししていますが、UVケアをすべき理由はもう1つあります。
春は冬と比べて、気温も上がり過ごしやすくなりますね。冬に起こる代表的な肌トラブルといえば「乾燥」ですが、実は春もまだまだ「乾燥」のシーズン。
肌の乾燥は、角質層のバリア機能を低下させたり、ターンオーバーを乱したりとさまざまなトラブルを引き起こします。肌のバリア機能や再生能力が低下すると、紫外線のダメージを受けやすくなってシミやそばかす、シワなどの問題が起こりやすくなってしまうのです。



「春」にしたい紫外線対策

「春」にしたい紫外線対策

春は過ごしやすい気温が魅力で、お花見などのレジャーに出かけることも増えます。
暖かい太陽の光を浴びながらレジャーをするのは、とても楽しいですよね。
ですが、きちんと紫外線対策を取らないと、あとあと泣くはめになるかもしれません。
今から始める春のUVケアをご紹介いたします。

・日傘、帽子、サングラスなどの小物を使う
・日焼け止めをしっかりと塗る
・すっぴんでの外出を避ける
・毎日の保湿ケアをしっかりと行う

当たり前のことに思えますが、これらの基本的なことをしっかりと守ることが「肌をも守ってくれる」のです。
とくに、ランチや用事で外出することが多い「お昼時」は1日の中で最も紫外線の量が増える時間帯。このときに、日焼け止めやファンデーションなどを塗らずに外出してしまうと、肌はすぐに紫外線を吸収してしまいます。
外出前のメイク直しや日焼け止めを塗ることはとても大切です。

また、1日の終わりに「保湿」を重点においたスキンケアを行うことも重要ポイント。
日焼け止めなどの「外からのUVケア」も必要ですが、スキンケアで行う「内側からのケア」で肌の質や、免疫力をあげることが大切です。
紫外線に負けない肌をつくるためには、日々のスキンケアもきちんと行うようにしましょう。

目には見えない紫外線ですが「シミ」や「そばかす」として確実に肌へダメージを与えます。
いつまでも自信のある肌をキープするためには、日頃からコツコツとケアを続けていくしかありません。
自分の肌を守れるのは自分だけ。美しさを保つためにも、今日から紫外線対策をはじめましょう!

この記事を読んだ方におすすめ