カート カート 0
0商品がカートに入っています。 合計:0円 カートを見る

シワの原因は加齢だけじゃない!「光老化」対策を

シワの原因は加齢だけじゃない!「光老化」対策を

シワの原因は加齢だけじゃない!「光老化」対策を

年を重ねるごとに気になり始める「シワ」や「たるみ」。どんなにスキンケアに力を入れていても、どうしても避けられないものだと諦めてはいませんか?
実は、いわゆる「老化」といわれるものの8割は紫外線によるダメージが原因となっているのです。
紫外線が引き起こす「光老化」のメカニズムと、若々しい肌をキープするために押さえておきたい対策法についてお話しします。

肌をおびやかす「光老化」そのメカニズム

年を重ねると肌にはシワが増え、たるみなども気になるようになってきます。しかし、その程度は部位によってさまざま。
例えば、常に露出している顔や手の甲などと比べて内腿や二の腕などのあまり露出しない部分の肌は白く、やわらかくて大きなシワなどは見られないですよね。

肌の状態が部位によって違うのは、紫外線によく当たる部位とあまり当たらない部位では肌の状態が全く違ってくるためです。
紫外線は、1年中地上に降り注ぎ私たちの肌にダメージを与えます。肌の表皮に届くとメラニン色素を増加させ、シミなどの原因となります。
それと同時に私たちの肌の真皮にまで届き、肌の弾力や水分を保つ働きを持っている「コラーゲン」や「エラスチン」などの組織を破壊してしまうのです。
つまり、常に露出されている顔や首の肌は紫外線の影響を受けやすいため、あまり露出されない部位と比べて組織が多く破壊されているということになります。

紫外線によるダメージは急に現れるものではなく、日々蓄積されていくことによって少しずつ現れるものです。組織が破壊され、弾力や水分をキープできなくなった肌は少しずつハリを失い、深いシワやたるみができるのです。これが「光老化」のメカニズムです。



「光老化」を防ぐ!対策ポイント

「光老化」を防ぐ! 対策ポイント

■日焼け止めはこまめに塗りなおして
光老化を防ぐためには、とにかく紫外線から肌を守ることが大切です。
紫外線対策の基本は日焼け止めを塗ること。夏場だけでなく秋や冬、曇り空の日や日当たりのいい室内にいる時なども忘れずに塗るようにしてくださいね。

また、日焼け止めは数値の高さよりもこまめに塗りなおすことが重要です。汗や洋服との擦れなどによって落ちやすくなってしまうので、3時間程度おきに塗りなおすようにしましょう。
量も遠慮せずにたっぷりと使うようにしてくださいね。

■日焼け後のアフターケアは十分な保湿を
もしもうっかり日焼けしてしまった時には、しっかりとしたアフターケアが大切になります。肌が赤みを持ってしまっている場合には冷たいタオルなどで肌を冷やし、痛みを感じなくなったらクリームなどで十分に保湿しましょう。

すでに黒くなってしまっている肌にも必ず十分に保湿するようにしてください。日焼けした肌は乾燥しやすくなっています。乾燥した肌はターンオーバーが乱れやすくなるため、ダメージを少しでも軽くするためには何よりも保湿が重要になるのです。

■ビタミンAを補う食生活・スキンケアを
紫外線を浴びた肌にとって、ビタミンは救世主。ダメージを和らげるためには、スキンケアや食生活を通して体の内側・外側両方から取り入れることが大切になります。
その中でも特に大切なのがビタミンA。紫外線ダメージを積極的にケアしながら、更なるダメージから肌を守る効果も期待できますよ。

ビタミンAを含む食材には小松菜やほうれん草、カボチャなどがあります。ビタミンA配合のスキンケアアイテムとあわせて、十分摂取するようにしてくださいね。

光老化は日々の心がけによって十分予防することができます。いつまでもハリのある美しい肌を保ち続けるために、ぜひ実践してみてくださいね!

この記事を読んだ方におすすめ