カート カート 0
0商品がカートに入っています。 合計:0円 カートを見る

くっきりと目立つ「ほうれい線」のケア方法とは

くっきりと目立つ「ほうれい線」のケア方法とは

くっきりと目立つ「ほうれい線」のケア方法とは

年齢を重ねるにつれて、ほうれい線はどんどんと目立つようになっていきます。
ほうれい線が一本あるだけで、見た目の年齢を大きく引き上げてしまうため、「なんとかしたい!」と悩んでいる方はとても多いです。
今回は、ほうれい線ができる原因別にケア方法をご紹介します!

乾燥による肌のたるみ

加齢により、肌の生まれ変わりである肌のターンオーバーは遅れがちになってしまいます。
すると肌の新陳代謝は鈍くなり、肌にとって必要なうるおいを留めておく力も弱まってしまうのです。
さらに、エアコンによる空気の乾燥や間違ったスキンケア方法などで肌の乾燥が促されてしまいます。

そこで大切になってくるのが、保湿ケアです。
乾燥しがちなオフィスは加湿器を置くようにしましょう。電源を必要としないタイプのものなら置く場所を選びません。もし加湿器を置くのが難しい場合は、お湯を注いだマグカップを置くだけでも良いでしょう。

さらに、スキンケア時には「肌に優しく」を心がけてください。
たとえばクレンジング時には洗浄力の強いオイルや拭き取りタイプのものを使用していませんか? これらのクレンジング料では肌にとって必要な成分までを洗い流してしまっている恐れがあります。ミルクやクリームタイプなど肌に優しいものを選びましょう。
そして、洗顔やバスタイム後はしっかりと保湿を行ってくださいね。
価格の安さやパッケージの好みだけではなく、自分の肌に合うもの、肌が喜ぶ成分を配合しているものをチェックして選ぶことも大切になってきます。



紫外線対策による肌の老化

紫外線対策による肌の老化

紫外線対策をしっかり行わないと、紫外線のダメージにより肌のハリや弾力を支えるコラーゲンやエラスチンがどんどん破壊されてしまいます。さらに、これらの成分を生み出す細胞までもが弱ってしまうでしょう。
すると肌にたるみが生じ、それらにクセがつくことでほうれい線となってしまいます。

紫外線のダメージを減らすには、一年中日焼け止めの使用が欠かせません。
メイク前には、塗り忘れしやすい髪の生え際や耳の裏までしっかりと塗るようにしてください。
また、日焼け止めは朝一度塗ったら終わりではありません。
ポイントは2〜3時間ごとに塗りなおすことです。汗や皮脂、摩擦などで日焼け止めがヨレたりしてしまうとカバー力が薄れてしまうのです。

さらに、肌の老化をもたらす紫外線は雲や窓ガラスなどを通過することができるので、天気や場所に関係なく日焼け止めを持ち歩き塗りなおすようにしましょう。
自宅に置いておく用やカバンに入れておく用にひとつずつ持っておくと安心ですよ。

いつまでも美しくいたい女性にとって、目立つほうれい線はなくしたいもののひとつ。
これらのケア方法をマスターして、年齢を感じさせない肌を目指しましょう!

この記事を読んだ方におすすめ