カート カート 0
0商品がカートに入っています。 合計:0円 カートを見る

透明感アップ!「くすみ」の原因と対策法

透明感アップ!「くすみ」の原因と対策法

透明感アップ!「くすみ」の原因と対策法

「疲れているように見える」
「顔の印象が暗い」
肌がくすんでいると、このようにあなたの魅力を大きく損なわせてしまうことでしょう。
これでは自分に自信を持つことも難しくなってしまいますよね。
そこでこの記事では、くすみの対策法をご紹介します。
気になるくすみに合った対策法を実践してみてくださいね!

肌が青黒く見えるくすみには、血流改善を!

青みがかるように肌がくすんでいる場合は、睡眠不足や便秘、冷え性などにより血行不良となっている恐れがあります。それにより、肌が暗く見えてしまっているのです。
睡眠不足の場合はストレッチなどで睡眠の質をアップさせる、便秘なら野菜を十分に食べているか、水分を十分にとっているかなど、食生活を見直してみてください。
さらに、冷え性ならウォーキングなどの適度な運動をして筋力アップに励みましょう。



カサつき&グレーがかった肌には、保湿ケアを!

カサつき&グレーがかった肌には、保湿ケアを!

肌が乾燥していると、肌からツヤが失われて全体的にグレーがかっているように見えます。
これは、肌の生まれ変わりであるターンオーバーが正常に働いていないために、古い角質などが肌に残ってしまっているのです。それにより肌の透明感が失われてしまっているのです。
ストレスを発散させて十分な睡眠をとり肌のターンオーバーを正常な周期に戻す、美容成分が含まれたクリームで肌をすこやかに保つように心がけましょう。




茶色くくすんだ肌には、紫外線対策を!

肌が茶色がかって暗く見える場合は、メラニン色素が原因であると考えられます。
紫外線対策が十分でないために、過剰にメラニン色素が作られてしまい肌からの排出が間に合っていないことが要因のひとつとしてあげられます。
年間を通して日焼け止めを使うだけでなく、サングラスや日傘、帽子などを身につけコンクリートなどで反射し左右や下からやってくる紫外線からも肌を守るようにしてください。




透明感が失われて黄ばんで見える肌には、食生活の見直しを!

肌が黄色がかってみえるくすみの原因には、食生活の乱れをあげることができます。
ご飯や麺類、パンなどの炭水化物や、お菓子やジュースなど糖類が含まれたものを好んで口にしていませんか?
これらの含まれている糖が原因で、肌が黄色がかっている恐れがあります。
お菓子やジュースの量を減らす、また食事の際は野菜から食べて糖質の吸収度合いを下げる方法もオススメです。
さらに、3食のうち1食は白米を玄米にする、パスタをソバにするのも良いですね。

まずは、鏡で自分のくすみがどれに当てはまるのかを、確認することから始めてみてはいかがでしょうか?
あまり頑張ってしまうとストレスになってしまい肌に悪影響を与える恐れがあるので、少しずつ毎日に取り入れるようにしてみてくださいね!




この記事を読んだ方におすすめ