カート カート 0
0商品がカートに入っています。 合計:0円 カートを見る

敏感肌を改善する!?「保湿ケア」ポイント4つ

敏感肌を改善する!?「保湿ケア」ポイント4つ

敏感肌を改善する!?「保湿ケア」ポイント4つ

ピリピリと刺激を感じやすくなる敏感肌は、乾燥によるバリア機能の低下が原因です。
そのため、敏感肌の改善には乾燥を防ぐ保湿ケアが必要不可欠になります。
どうしたら肌に効率よくうるおいを与えることができるのか、スキンケアの際に意識すべきポイントを解説します。

敏感肌を改善する保湿ケアのポイント

敏感肌を改善する保湿ケアのポイント

1.スキンケア時に肌をこすらない
毎日のスキンケアでは基本的に、クレンジングや洗顔、基礎化粧品による保湿ケアを行います。
これらのスキンケア全てにおいて意識しておきたいことは、決して肌をこすらないこと。
特に敏感肌の方は肌のバリア機能が低下しているため、ちょっとした刺激でも肌が荒れてしまいます。
肌に触れる時は、「絶対にこすらず、優しく丁寧に」と意識しましょう。

2.クレンジング・洗顔には細心の注意を
クレンジングや洗顔は肌への刺激性が高いため、用心しないと敏感肌を悪化させてしまいます。
大切なことは、肌に優しいクレンジング料や洗顔料を選ぶこと。
比較的刺激性の少ない、クリームタイプやミルクタイプがおすすめです。
泡立てるタイプのものはしっかり泡立ててから使用しましょう。
そして、肌のうるおいを逃さないために「ちょっと冷たいなか?」と感じる30~32℃程度のぬるま湯でクレンジングや洗顔を行ってください。

3.洗顔後・入浴後はすぐに保湿する
洗顔後や入浴後は肌が濡れているため、潤っていると勘違いしがちです。
しかしそのまま放置していると水分がどんどん蒸発して、カラカラに乾燥してしまいます。
乾燥する前にすばやく保湿ケアをして、敏感肌の悪化を食い止めましょう。

4.水分不足を感じたらスペシャルケアを
肌の乾燥がひどくなっていると感じた時は、水分量を高めるスペシャルケアを行いましょう。スキンケアを多めに塗ったり、内側にうるおいを閉じ込めるようなパックを使うのがおすすめ。ただし、敏感肌の方は、日ごろからシンプルなケアを心がけると良いですよ。
スキンケア時は、できるだけ肌に刺激を与えないことを念頭において取り組んでみましょう!



この記事を読んだ方におすすめ