カート カート 0
0商品がカートに入っています。 合計:0円 カートを見る

春はアトピーの悪化に注意!?オススメスキンケア方法

春はアトピーの悪化に注意!?オススメスキンケア方法

春はアトピーの悪化に注意!?オススメスキンケア方法

春と聞いてみなさんが一番に思い浮かべるものは何ですか?
毎年アレルギー症状に苦しめられているという方には、花粉症のイメージが強いかもしれませんね。
春は日によっては汗ばむ陽気になり、紫外線も冬の間に比べると3倍に増加します。
また、新生活が始まる春は、ストレスを抱えがちになる季節でもあります。
なんと今挙げたすべてが、アトピーを悪化させてしまう原因になる可能性があるのです。
今回は、そんなアトピーにとって危険がいっぱいの春を上手に乗り切るためのポイントをご紹介していきます。

お風呂の温度は低めに設定

たくさんの汗をかき、肌の乾燥やかゆみを引き起こしやすい入浴。
冬と違ってお風呂を出てからも湯冷めしにくくなる春は、お風呂のお湯も38~39℃くらいがちょうど良いでしょう。逆にそれ以上温めすぎると、お風呂から出た後も汗が噴き出すため、アトピー肌に負担がかかってしまいます。



外出時には長袖長ズボン

花粉と紫外線から肌を守るためには、衣服でガードするのが一番の対策です。
暖かくなって薄着がしたくなる季節ですが、なるべく肌の露出が少なくなるように気を付けましょう。通気性や保温性に優れた、綿や絹などの天然素材で作られた衣服を選ぶのがおすすめです。



汗をかいたらシャワーを浴びる

朝晩と昼間の気温の差が激しい春は、衣服での温度調節がなかなか難しい季節。
思いがけず汗をかいてしまうことも多いですよね。しかし、かいた汗をそのまま放置しておくと、肌のかゆみを招く原因になってしまいます。
家に帰ったらまずシャワーを浴びる習慣を作るなど、かいてしまった汗はなるべく放置しないよう気を付けましょう。


こんにゃくセラミドで潤いを保つ


花粉や紫外線、ストレスなどで肌に負担がかかりやすい春は、生活面でもきちんと肌をケアしてあげることで、アトピーの悪化を防いであげましょう。 どれも日常生活で少し気を付けるだけでできる対策ばかりなので、今回ご紹介したポイントをぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事を読んだ方におすすめ