カート カート 0
0商品がカートに入っています。 合計:0円 カートを見る

睡眠不足はニキビの大敵!質の良い眠りでニキビを改善

睡眠不足はニキビの大敵!質の良い眠りでニキビを改善

睡眠不足はニキビの大敵!質の良い眠りでニキビを改善

睡眠不足は肌の大敵…といったイメージを持っている方は多いかと思います。
中でも、普段からニキビに悩まされている方にとっては大敵中の大敵。
私たちの肌は睡眠中にダメージをケアする仕組みになっており、ターンオーバーと呼ばれる肌の再生能力が最も発揮されるのも寝ている間です。
さらに、睡眠不足が長期化すると、そのストレスで男性ホルモンの分泌が通常よりも多くなってしまいます。男性ホルモンはニキビの原因となる皮脂を増加させるだけでなく、角質を固くして角栓の詰まりを招きます。つまり睡眠不足は、ニキビが発生しやすい条件を全て揃える原因となってしまうのです。

ニキビの改善には質の良い眠りが欠かせない!

睡眠不足がニキビを発生、悪化させる原因になることは分かりましたが、ひたすら眠り続ければ安心! というわけでもありません。
肌本来の再生能力は眠り始めてから3~4時間に最も活発になると言われており、この3~4時間の間にいかに深く熟睡し、質の良い眠りを得るかがニキビ改善のための大きなポイントになっています。



部屋の暗さや枕の高さに注目

より深くぐっすり眠るためのポイントは、部屋を暗くすることです。
明かりのないところで眠るのは怖いという方もいるかもしれませんが、ぐっすりと熟睡するためには真っ暗な部屋で、なるべく無音の環境で眠るのが一番です。つけっぱなしのテレビなど、ほのかな明かりだけでも睡眠の邪魔になってしまう場合があるため、なるべく部屋は完全に暗くした状態で眠りましょう。
また、枕の高さを自分に合ったものに変えるだけでも眠りの質を高めることができますよ。


入浴やストレッチで体温を上げる

もうひとつのポイントは、眠る前に入浴やストレッチで一時的に体温を上げておくということ。人間の身体は、一度上がった体温がまた下がっていく時に眠気を感じるようにできています。血流がスムーズになることで身体も効果的にリラックスできますので、ぜひ試してみてくださいね。



食事は眠る3時間前までに

より質の良い眠りを目指すなら、満腹状態でベッドに入るのもなるべく避けましょう。
食事の後は食べたものを消化するために内臓がフル活動しています。満腹で眠たくなったような気がしていても、身体はまだまだ休むことができません。食後3~4時間で胃の中のものはほとんど消化できると言われています。眠りに入るのはそれより後の方が、より身体が眠りに集中できるのです。


食事は眠る3時間前までに

睡眠不足とニキビには、切っても切れない関係があります。今回ご紹介したポイントを参考に、ぜひあなたも眠りの質を高めてニキビを撃退してみてくださいね!



この記事を読んだ方におすすめ