カート カート 0
0商品がカートに入っています。 合計:0円 カートを見る

風邪を引いたときの肌荒れを予防する簡単な対策方法って?

風邪を引いたときの肌荒れを予防する簡単な対策方法って?

風邪を引いたときの肌荒れを予防する簡単な対策方法って?

風邪を引いたとき、肌も荒れてしまったという経験はありませんか?
熱があったり体がだるかったりすると肌のお手入れを怠りがちになってしまうので、肌荒れしてしまうのは仕方がないかもしれません。しかし、お手入れを怠るとその後も肌荒れが長引いてしまう可能性があるため対策が必要です。
今回は、風邪を引いたときに肌荒れしてしまう原因と、簡単にできる対策方法をご紹介します。

風邪を引くと肌荒れしてしまうのはなぜ?

風邪を引いた体は、免疫力が低下して弱った状態です。すると、ちょっとした刺激でも肌が過敏に反応するようになってしまいます。
また、風邪を引くと食欲がなくなるため、どうしても栄養が偏ってしまいがち。
きれいな肌を保つのに必要なビタミンやたんぱく質が不足してしまうことで、肌荒れが起こりやすくなるのです。
さらに、高熱が続いてお風呂に入れないようなことがあれば、衛生面でもよくありません。
汗をかいたままにしてしまったり、横になってシーツや枕カバーにずっと肌が触れている状態だったりすると肌荒れしやすいはずです。



風邪を引いてもこれだけは気をつけよう!

熱があってだるいときにはまず風邪を治すのが第一です。
しかし、その後の生活に影響を及ぼすような肌荒れを防ぐため、洗顔だけは必ず行いましょう。お風呂に入れない場合でも、水で顔をすすぐなど、最低限の洗顔は怠らないようにするのが大切です。
また、枕にはタオルを敷いて、こまめにタオルをとり替えるようにしましょう。
これだけでも、その後の肌の状態にかなり違いが出るはずです。


サプリメントでビタミンを摂取して!

風邪を引いているときはどうしても栄養が偏ってしまいますので、サプリメントに頼るのも1つの手です。肌の新陳代謝を促すために、ビタミンのサプリメントを摂取するだけでもかなりの効果が期待できます。
食欲があるようなら、すりおろしたリンゴやバナナなど、消化にいいフルーツを食べられれば理想的です。



水分補給を忘れずに!

熱があると、体温調節のためにたくさんの汗をかくため、体が水分不足になってしまいます。
白湯やスポーツドリンクなどで水分を積極的にとり、体を内側から潤してあげましょう。
白湯にはデトックス効果もあるため、溜まった体内の老廃物を外に出してくれますよ。
風邪を治すためにも、肌荒れを防ぐためにも、水分をとることは非常に重要です。


食事は眠る3時間前までに

風邪を引いたときの肌荒れを予防する方法をご紹介しました。
風邪は治ったのに肌はボロボロ…なんてことにならないように、最低限のスキンケアは行っておきたいもの。水分と睡眠、ビタミンをしっかりとって、清潔にするだけでも十分です。肌荒れを予防し、きれいな肌を守りましょう。



この記事を読んだ方におすすめ