カート カート 0
0商品がカートに入っています。 合計:0円 カートを見る

油断大敵!初夏から梅雨のシミ対策方法

油断大敵!初夏から梅雨のシミ対策方法

油断大敵!初夏から梅雨のシミ対策方法

梅雨に入り、冬ほど乾燥に苦しめられることもなければ、雨や曇りも多く、夏のように紫外線も強くない季節だと思っている方も多いのではないでしょうか?
しかし実は、初夏は紫外線量が急激に増加する季節なのです。
シミのない明るい肌をキープするためには、早めのシミ対策が欠かせません。今回は、初夏から梅雨にかけてのシミ対策の大切さとおさえておきたいケア方法についてお話しします。

初夏の肌はシミの脅威に晒されている!?

シミの天敵は紫外線。強い日差しを受けると肌は真皮層を紫外線から守るためにメラニン色素を生成します。これはターンオーバーによってきちんと排出されれば肌が黒くなることはありませんが、ターンオーバーの乱れによって肌に蓄積されてしまうとシミの原因となるのです。

シミ対策というと、日差しを強く感じるようになる夏から始めればいいと思っている方が多いようです。しかし、それでは時すでに遅し。シミの脅威は春のうちからすでに肌に忍び寄っているのです。
紫外線が急激に増加するのは、春の始めです。それから少しずつ増加していき、梅雨入り前の5月にはすでに真夏の8月に匹敵するほどの量になります。

花曇りという言葉もあるほど、初夏から梅雨は曇り空が多い季節。「陽が強くないから大丈夫!」と紫外線対策をついつい怠ってしまう方も多いでしょう。しかし、そんな小さな油断が積み重なると、肌にシミの原因を蓄積させてしまうことになるのです!



これでバッチリ!初夏のシミ対策方法3選

これでバッチリ!初夏のシミ対策方法3選

■一にも二にも紫外線対策が重要!
シミ対策の第一歩は紫外線を防ぐところから始まります。曇り空の日でも紫外線は地上に常に降り注いでいるため、油断せずに行うようにしてください。
近所へお買い物に出る時や洗濯物を取り込む時などはついつい忘れてしまいがちですが、少なくとも日焼け止めとファンデーション程度は塗ってから外出するようにしましょうね。

■保湿ケアでバリア機能を正常化
気温や湿度の変化が激しく、エアコンなどを使う機会も増える初夏には意外と肌の乾燥が気になるもの。乾燥肌になるとバリア機能が低下して外的刺激に弱くなるため、紫外線の影響も受けやすくなってしまうのです。
紫外線のダメージを和らげるためにも、保湿ケアには手を抜かないようにしましょう。角質層のうるおいを適切に保つことでシミができるリスクを抑えることができます。

■質のいい睡眠でターンオーバーを活性化
スキンケアに加え、生活習慣でも気をつけるべきことがあります。それは、睡眠。
肌のターンオーバーを正常に保ち、メラニン色素の排出を促すためには成長ホルモンの分泌を促進する必要があります。成長ホルモンは私たちが眠っている間に分泌されるため、睡眠が重要になるのです。
眠る1時間前にはテレビやスマホの電源を落とす、温かい飲み物を飲んで体を温めるなど、熟睡できるような環境を整えるようにしましょう。

初夏から夏は気候の変化や環境の変化などによってホルモンバランスが乱れやすい季節です。ホルモンバランスが乱れると肌の状態も悪化しやすく、シミの発生にも繋がってしまいます。
規則正しい生活と丁寧なスキンケアを心がけて、体の中と外からシミを防ぎましょう!



この記事を読んだ方におすすめ