カート カート 0
0商品がカートに入っています。 合計:0円 カートを見る

角栓の除去方法に注意! 正しい角栓ケアの方法とは?

角栓の除去方法に注意! 正しい角栓ケアの方法とは?

角栓の除去方法に注意! 正しい角栓ケアの方法とは?

鼻やあごにつまってしまった角栓って、どうしても気になってしまいますよね。
ついつい気にして爪やピンセット、つまようじでとってしまったことがあるという方もいるのでは?
しかし、毛穴につまった角栓を抜くことは、肌に大きなダメージを与えてしまいます。
一体どのような原因で肌がダメージを受けてしまうのでしょう? 気になる角栓ケアの正しい方法と併せてご紹介いたします。

角栓の原因とは

毛穴を押し広げる角栓は皮脂が原因だと思われがちですが、角栓の70%はタンパク質です。
古くなった角質に過剰に分泌された皮脂が混じることで発生します。
汚れやメイクの落とし残し、乾燥、摩擦などが原因で発生するため、予防には毎日の丁寧なスキンケアが欠かせません。



角栓を抜いてはいけない理由って?

無理に角栓を抜くことで、肌は大きなダメージを受けてしまいます。
ピンセットでつまむ際や爪で押し出す際などに皮膚が裂けて小さな傷がついてしまうだけではなく、毛穴が広がってさらなる毛穴つまりを生んでしまう可能性も。
毛穴をこじ開けて角栓を引っこ抜くことで、出てくる角栓によって肌の奥深くから毛穴が無理矢理押し広げられてしまうのです。
また、抜く際に健康な角質までも取り除いてしまうため、肌のバリア機能を低下させる原因にもなりかねません。
角栓を除去するためには、しっかりと毛穴を開き、肌を傷つけずに取り除くことが大切です。



正しい角栓ケアの方法

洗浄力の強いオイルクレンジングで取り除こうとすると、摩擦のダメージを受けたり、肌に必要な皮脂までも落としたりしてしまいます。
洗浄料を含まないオイルやクレイパックでやさしく溶かし出すと有効です。

尚、洗顔の際は、以下の点に注意して丁寧に行うようにしてください。
■クレンジングはなるべく短時間で行う
■肌をこすりすぎない
■スクラブや洗顔ブラシなどの肌に刺激を与えるものは避ける
■洗顔料をしっかりと泡立て、洗顔も短時間で行う
■熱すぎるお湯を使わない

また、週に2回から3回ほど毛穴を柔らかく保つマッサージを行うのも効果的です。
両手の中指と薬指で鼻をはさんで上下左右に優しく動かし、最後に回すように動かしたら終了です。
毛穴を柔らかく保つことで、角栓が取れやすくなるでしょう。


正しい角栓ケアの方法

鼻に角栓がつまっていると、人と至近距離で話すのが怖くなり、自分に自信が持てなくなってしまいますよね。
毛穴マッサージと正しい洗顔で角栓を予防・除去し、憧れのつるつる鼻を目指しましょう。



この記事を読んだ方におすすめ