カート カート 0
0商品がカートに入っています。 合計:0円 カートを見る

じめじめ・べたつきに負けない肌をつくる梅雨のスキンケア

じめじめ・べたつきに負けない肌をつくる梅雨のスキンケア

じめじめ・べたつきに負けない肌をつくる梅雨のスキンケア

せっかく暖かくなってきたと思ったのに、大雨やじめじめとした天気が続く梅雨の季節は、心も体もどんよりとしてしまいますよね。
また、湿気でべたついた肌では、ニキビの元となり得る皮膚の常在菌が繁殖しやすくなってしまうので注意が必要です。
今回は、梅雨の時期に覚えておきたいスキンケアの方法をご紹介いたします。

梅雨の肌トラブル

梅雨の時期に気になるのは、肌のべたつき。もともと皮脂の分泌が多い方はもちろん、普段は乾燥気味という方でも肌のべたつきを感じることがあるのではないでしょうか。
そういった方は、梅雨の時期は乾燥しないからと保湿を怠ってしまってはいませんか?湿度の高さやべたつきなどを考えて保湿を軽めにすることで、肌の内側から潤いが逃げやすくなってしまっているのかもしれません。肌の潤いが逃げてしまうことは、皮脂の過剰な分泌に繋がります。
とくにこの時期は、ベタつきの不快感からつい過剰に洗顔をおこなってしまうもの。
洗顔で皮脂を落としすぎているのに保湿を怠ってしまうことで、さらに肌がべたつくという負の連鎖に陥ってしまっているのです。
また、湿度が高く、皮脂の分泌も過剰になりがちなことで肌全体に細菌が増殖しやすくなっています。梅雨はニキビの発生・悪化が起こりやすい季節でもあるのです。



梅雨の肌を守るためには?

梅雨の時期の肌を清潔に守るために、以下の3つのポイントを意識してみてください。

■洗顔のしすぎに注意!
べたつくからと言って顔を洗い過ぎてしまうと、インナードライが加速してしまいます。熱すぎるお湯も皮脂を落としすぎる原因となるため、人肌程度のぬるま湯くらいのお湯を使い、なるべく手早く洗顔をすませるようにしてください。

■保湿は徹底!
べたつきが気になるから……と保湿を軽めにすませている方も、しっかりと保湿をしてあげるようにしてください。
どうしてもべたつきが気になる際は、ミストを顔全体にふきかけてティッシュなどで軽く押さえてあげればさっぱりとしますよ。

■ルースパウダーでべたつき解消!
皮脂分泌が過剰ですぐにべたつき、ニキビができてしまうという方は、日中はルースパウダーをこまめにつけなおすようにしてください。
皮脂を抑えるのと同時に、ルースパウダーを重ねることで肌にホコリや雑菌がつくのを防ぎます。


梅雨の肌を守るためには?

梅雨のべたつきから肌を守るための対策方法についてお話しました。
また、日頃使用しているスキンケア・メイク用品を見直して、この時期の肌にしっくりくるものを使用してみると言った心がけも大切ですよ。
べたつき・ニキビを予防して、清潔な肌で梅雨のどんより気分を吹き飛ばしてしまいましょう。



この記事を読んだ方におすすめ