カート カート 0
0商品がカートに入っています。 合計:0円 カートを見る

フェイスラインにニキビができる理由とスキンケアポイント

フェイスラインにニキビができる理由とスキンケアポイント

フェイスラインにニキビができる理由とスキンケアポイント

フェイスラインに沿ってできるニキビは目立つため、できるだけ早く改善したいですよね。
そのためには、大人ニキビの原因を見極めて適切なスキンケアを行うことが大切になってきます。
そこで今回は、フェイスラインにニキビができる理由とスキンケアのポイントをご紹介します。

原因1.肌の乾燥

年齢とともに、肌のうるおいを保つ力が低下していくため肌が乾燥しやすくなっていきます。すると、肌を守るためのバリア機能が不十分になり、外的ダメージを受けやすくなってしまうのです。
その結果、ニキビなどの肌トラブルが引き起こされやすくなってしまいます。
顔の中心は化粧水などでしっかりとうるおいを与えても、「フェイスラインは忘れがち」「つい塗り漏れてしまう」という方は少なくありません。
肌からうるおいが失われると、毛穴が固くなり皮脂がつまりやすくなってニキビが出来やすくなってしまうのです。
まずは、毎日のスキンケアでフェイスラインにうるおいを与えるように心がけてください。



原因2.男性ホルモンの分泌量増加

フェイスラインにニキビができる原因2.男性ホルモンの分泌量増加

「仕事が忙しく生活が不規則になっている」
「人間関係がうまくいかずストレスが絶えない」
このような理由からホルモンバランスが乱れ、男性ホルモンが女性の体内で増加してしまうとフェイスラインにニキビができやすくなってしまいます。
男性ホルモンが過剰に増えると結果として毛穴がつまりやすくなってしまうので、生活習慣を正すように心がけてください。

●睡眠時間は最低6時間を確保する
●運動をする
●食事の際は、ビタミンAやB群、Cを摂るようにする
●友人や知人、家族などに相談してストレスを1人で抱え込まない

このようなことから始めてみてくださいね。



原因3.摩擦や刺激

フェイスラインは、髪による摩擦や髪についている菌から刺激を受けやすい部分です。
特にフェイスラインに髪がかかるような髪型をしている場合は注意が必要です。髪についている菌だけでなく、髪につけたワックスなどに配合されている成分が肌に刺激となっている恐れがあります。

さらに、「髪をかき上げる時に菌がついた手でフェイスラインを触ってしまう」「頬杖をつくクセがある」といった方はフェイスラインにニキビができやすいといえます。
ニキビを隠したいからと髪でフェイスラインを覆うのではなく、まとめてアップにするなど肌への刺激を減らすように工夫しましょう。
また、不要な摩擦で肌を刺激しないためにもできるだけ肌を手で触る回数を少なくすることも大切です。



原因4.すすぎ残し

毎日のシャンプーやクレンジング、洗顔の際は、きちんとフェイスラインまで意識してすすいでいますか?
これらが肌に残ったままだとニキビを引き起こす原因となりますし、今あるニキビを悪化させかねません。
バスタイムには最後に顔を洗うようにして、肌に残っている洗顔料と共にすすぎ残したクレンジング料やシャンプー剤をきれいに洗い流しましょう。

フェイスラインのニキビを改善するには、日常生活においてニキビができやすい環境を作り上げていないかをチェックしてみましょう。
正しいスキンケアで、フェイスラインのニキビに別れを告げてくださいね!



この記事を読んだ方におすすめ