カート カート 0
0商品がカートに入っています。 合計:0円 カートを見る

夏でも「肌が乾燥する」原因は? 夏に行いたい乾燥肌対策

夏でも「肌が乾燥する」原因は? 夏に行いたい乾燥肌対策

夏でも「肌が乾燥する」原因は? 夏に行いたい乾燥肌対策

夏は気温も上がり湿度も高くなるため、皮脂の量が増え肌がベタついてしまいがち。
しかし実はベタつきやテカリが起こりやすい夏は、同時に肌の乾燥が進行してしまう要因も多くある季節なのです。乾燥肌対策を怠ってしまうと、より肌トラブルを助長させてしまいます。
夏に肌が乾燥してしまう原因や、皮脂が多く乾燥に傾きやすい「夏の肌」に行いたいケア方法について紹介していきます。

夏に肌が乾燥する原因とは?

・紫外線によるダメージと光老化 海や山へ行ったり外で遊ぶなどの機会が多くなる夏は、紫外線による肌ダメージを最も受けやすい季節。
紫外線は肌の角質層を傷つけ肌の保水力を奪ってしまうため、皮膚は乾燥に傾いてしまいます。
肌が乾燥すると皮膚のターンオーバー周期は乱れてしまいますし、紫外線や乾燥により肌のバリア機能も低下します。
肌のバリア機能が低下すると外的刺激から肌が守られないため、より紫外線などによるダメージが大きくなり肌トラブルが進行する原因になるのです。

・クーラーやエアコンによる空気の乾燥
夏は室内を涼しく保つためクーラーやエアコンなどの冷房が使用されていますが、実はこれらの冷房は部屋の空気を乾燥させ肌の水分量を低下させてしまう原因のひとつ。
屋外にいる時と冷房が効いた室内にいる時を比べると、肌の水分量は約半分にまで減ってしまうともいわれています。

・「汗」が肌の乾燥を助長する原因になることも
夏は少し動いただけで汗だくになってしまうことも多いものですが、汗をそのままにしておくと蒸発する際に肌の水分も奪ってしまうため、乾燥の原因になるのです。
そのため汗はなるべくすぐに拭き取ることが肝心なのですが、汗を拭く時にゴシゴシと擦ってしまうと、摩擦によりかえって肌にダメージを与えてしまうことも。
摩擦によりダメージを受けた肌は、バリア機能が低下してさらに乾燥しやすくなってしまいます。
優しくタオルを肌に当て、摩擦しないように汗を拭き取りましょう。



夏の乾燥肌を撃退するケア方法とは?

夏の乾燥肌を撃退するケア方法とは?

テカリやすい夏の肌ですが、実は「乾燥」した肌を守るために皮膚が「皮脂」を過剰に分泌させているというケースも多いもの。
保湿を怠ってしまうと、乾燥がより進行しテカリを改善することもできません。

また、夏には特に力を入れたいのが「紫外線対策」。
毎日朝の洗顔の後には、日焼け止めやUVカット効果のある化粧下地などを使い、忘れずに紫外線ケアを行いましょう。
外出する際には、UVカット機能のある帽子や日傘、手袋などを併用すると安心です。



この記事を読んだ方におすすめ