カート カート 0
0商品がカートに入っています。 合計:0円 カートを見る

ダメージは最小限に! 日焼け肌の「直後ケア」のポイント

ダメージは最小限に! 日焼け肌の「直後ケア」のポイント

ダメージは最小限に! 日焼け肌の「直後ケア」のポイント

どんなにしっかり紫外線対策をしていても、うっかり日焼けしてしまうこともあるでしょう。 そんな時に大切になってくるのが、日焼け直後のスキンケア方法。 夏に向けて、今回は日焼けした肌のケアポイントをご紹介します。

「紫外線」=「100%悪」ではない

紫外線を浴び続けていると、将来的に皮膚がんや白内障、肌のシワやシミなどを引き起こす恐れがあります。
そのため、最近は紫外線の悪影響に気を付ける人が増えています。なかには一年を通して日焼け止めクリームを使い、徹底的に色白をキープする女性も少なくありません。
ただ、私たちが太陽の光を浴びることには、次のようなメリットもあることを知っておきましょう。

・セロトニンを増やし精神を安定させる効果
・ビタミンDの形成による健康効果

日焼けのリスクだけに目を向けずに、日焼けのメリットも上手に取り入れていきたいですね。



日焼け直後にこれだけは厳守! 直後ケアのポイント4つ

日焼け直後にこれだけは厳守! 直後ケアのポイント4つ

私たちの体の皮膚は、強い太陽の光に含まれる紫外線にさらされると細胞やDNAが傷つき、皮膚正面の変化だけでなく肌の奥の真皮にまで作用して、肌のハリや弾力が奪われて肌細胞の老化を引き起こします。
そういった紫外線の害から守るために、皮膚の表面の色を変化させる日焼けが起きるのです。つまり、日焼け直後であれば紫外線の悪影響を最小限にすることができます。
日焼け直後は次の4のポイントを必ず守って、肌へのダメージを減らしましょう。

1. 身体をしっかり冷やす
冷たいシャワーや水風呂、濡れタオルや氷のうなどをつかって、赤くほてった肌を念入りに冷やしましょう。

2. 肌にうるおいを与える
患部が冷えて落ち着いたら、低刺激なジェルや乳液、クリームなどを肌に与え、念入りに保湿ケアをしましょう。

3. いつもより多めに水分を摂る
日焼けにより体内の水分量が足りない状態になっていますので、水分をたっぷり摂り、身体の中からもケアを心がけましょう。

4. たっぷりと睡眠をとる
日焼け後は本人が自覚する以上に身体が疲れていますので、早めに眠りたっぷりと睡眠をとって、身体のダメージの回復を図りましょう

日焼け直後は肌がほてり、強いヒリヒリとした痛みを感じたこともある人は多いと思います。
適切に直後ケアをすることで、こういった症状も比較的軽く済みますが、水や化粧水が染みて痛みが治まらない場合や、肌が痛んで眠れない場合など、症状が強い場合には無理をせず、皮膚科を受診して治療を受けましょう。
ご紹介した、日焼け直後ケアのポイントぜひ役立てて下さいね。


この記事を読んだ方におすすめ