カート カート 0
0商品がカートに入っています。 合計:0円 カートを見る

便秘によるニキビ・肌荒れの原因と改善方法は?

便秘によるニキビ・肌荒れの原因と改善方法は?

便秘によるニキビ・肌荒れの原因と改善方法は?

スッキリしない便秘は、それだけでもイヤなもの。しかも、便秘が続くとニキビができたり肌が荒れたりしやすいのが女性にとってはつらいところですよね。
どうして便秘になるとニキビや肌荒れが起きてしまうのでしょうか?その理由と便秘による肌トラブルを防ぐために心がけたい対策についてお伝えします。

便秘でニキビや肌荒れが起こるのはなぜ?

わたしたちが食事として口から摂った食べ物は、胃で消化されたのち腸で栄養素が吸収され、不要となった残りが便として排出されます。

ところが便秘になると不要物の排出が滞り、腸の中に便が留まり続けることになります。腸に残った便は時間が経つにつれ腐敗が進み、腸内環境を悪化させます。腸内に悪玉菌が増え、ガスや有害物質を発生させます。

これらの腸内に生じた毒素が便秘で排出できないため、腸壁から吸収されて血液によって全身に運ばれ、汗や皮脂として体外へと排出されることになります。その際、肌に負担をかけ、ニキビや肌あれなどといった肌トラブルを起こしやすくなると考えられています。



便秘を解消して肌トラブルを防ごう!

便秘を解消して肌トラブルを防ごう!

便秘が原因でできてしまったニキビや肌荒れを改善するためには、やはり便秘を解消するのが最優先です。以下のようなことを心がけて、便秘解消や予防に努めましょう!

・腸内環境を良くする食生活を意識する
ヨーグルトやぬか漬け、キムチなど発酵食品には乳酸菌が含まれているため、食べることで腸内の善玉菌の働きを助けます。また、善玉菌のエサになる食物繊維を摂るのも大切。野菜やフルーツをしっかりと食べるようにしましょう。適度な油や水分を補給するのも便をスムーズに排出させやすくする効果が期待できます。

・良質な睡眠をとる
睡眠不足や熟睡できないなど睡眠の質の低下は、自律神経の働きを乱し、腸の機能を低下させます。十分な睡眠時間を確保するとともに、快眠を得られる寝室環境を整えるようにしましょう。

・軽い運動を取り入れる
腹筋や背筋が弱いと便を排出する力が弱まり、便秘になりやすくなります。ウォーキングやエクササイズなど適度な運動を毎日の習慣して、筋力アップとともに腸を刺激してぜん動運動を促してください。

・リラックスする時間を作る
心身のストレスも自律神経のバランスを崩して腸の働きを弱める原因に。ゆっくりと入浴したり、アロマや音楽などを楽しんだりと、身体を休めつつ心を落ち着かせる時間を意識的に作るように心がけると良いですね。

便秘解消のために心がけたい習慣をご紹介しました。
便秘のときは、肌に負担がかかりやすくなっている状態です。スキンケアも刺激をできるだけ避けて、丁寧な保湿を心がけることをおすすめします。


この記事を読んだ方におすすめ