カート カート 0
0商品がカートに入っています。 合計:0円 カートを見る

今話題の「綿棒を使った角栓ケア」の方法

今話題の「綿棒を使った角栓ケア」の方法

今話題の「綿棒を使った角栓ケア」の方法

思わず触りたくなるようなすべすべ・ツルツルの肌には誰もが憧れるもの。そんな、憧れの美肌の必須条件はやはり毛穴レスなことです。
特に小鼻や鼻の頭など、毛穴の黒ずみが気になるという方は多いですよね。
日頃の洗顔などでなかなか落とせない頑固な毛穴の汚れを取り除くのに、実は綿棒が役立ってくれることをご存じでしょうか?
今話題の「綿棒を使った角栓ケアの方法」についてお話しします。

「綿棒」で角栓ケア! 3つのメリットとは

■肌に優しい
毛穴パックやプッシャーなど、角栓をキレイにするアイテムは数多くありますが、多くのケアアイテムはかえって毛穴を押し広げてしまったり肌を傷つけてしまうことがあります。
綿棒を使ったケア方法はそれらの方法よりも肌にかかる負担が少なく、肌荒れや毛穴の広がりを防ぐことができるのです。
また、綿棒は使い捨てなので常に清潔な状態でケアすることができるのも魅力の1つです。

■頑固な角栓までスッキリ
綿棒にオイルを染み込ませて浮かせるようにケアすることで、毛穴の奥で古い角質や皮脂が固まってしまったような頑固な角栓もするりと取り除くことができます。
洗顔だけでは取り除けない、しつこい角栓もごっそり取り除けますよ。

■細かい部分までキレイにできる
プッシャーなどではなかなか行き届かないような小鼻などの細かい部分の角栓は、なかなか取り除くのが難しいですよね。
そんな場合も綿棒ならしっかりとオイルを行き渡らせ、抜かりなく角栓を取り除くことができるのです。



「綿棒」を使った角栓ケア3ステップ

■綿棒にオイルを染み込ませる
必要なのは綿棒とオイルだけ。オイルはベビーオイルやオリーブオイル、ココナッツオイルなどなんでも構いません。添加物の少ない、肌に優しいものがオススメです。
綿棒の先にオイルをたっぷり染み込ませましょう。

■綿棒で鼻を優しくマッサージする
オイルを染み込ませた綿棒で鼻全体を、コロコロと転がすようにしてマッサージします。
決して力は入れずに、優しく撫でるようなイメージで行うようにしましょう。
角栓のもとになる皮脂やメイク汚れはオイルとなじみが良いので、無理なく取り除くことができるのです。
綿棒の滑りが悪くなったらオイルを追加してくださいね。

■洗顔&保湿ケアで仕上げ
一通りマッサージし終わったら、軽くティッシュオフしてからぬるま湯ですすぎ、いつも通りに洗顔しましょう。洗顔の最後に冷水で何度かすすぐと、毛穴をキュッと引き締めることもできます。
洗顔の後には肌を乾燥させないように、できるだけすぐに保湿ケアをしてください。


「綿棒」を使った角栓ケア3ステップ

綿棒での角栓ケア方法には、1つだけ注意点があります。
それは、力を入れてこすらないようにすること。角栓を押し出したいあまりに肌をこすってしまう方も少なくないようですが、かえって肌を傷つけてしまうことになります。
また、ケアを行う前にホットタオルを鼻に乗せて毛穴を開いておくとさらに効果的。
早速トライして、毛穴レスのキレイな鼻筋を手に入れてくださいね。


この記事を読んだ方におすすめ