カート カート 0
0商品がカートに入っています。 合計:0円 カートを見る

良い効果ばっかり…? 朝クレンジングのメリット・デメリット

良い効果ばっかり…? 朝クレンジングのメリット・デメリット

良い効果ばっかり…? 朝クレンジングのメリット・デメリット

夏は皮脂の分泌が増加する季節。テカリや毛穴の黒ずみなど、夏特有のトラブルに悩まされている女性たちの間で今話題なのが、「朝クレンジング」です。
肌トラブルの解消にとても役立つといわれていますが、実はポイントを守って行わなければかえって肌に刺激を与えてしまうことに。
良いことばかりに思える朝クレンジングのメリットとデメリット、そして正しい朝クレンジングの方法をご紹介します。

良いことずくめ! 「朝クレンジング」のメリット

朝の肌には夜のようにメイクや汚れは残っていませんが、実は意外と汚れているもの。
その汚れのもとは主に汗や皮脂、そして夜のうちに使った基礎化粧品の油分です。

基礎化粧品に含まれる油分はきちんと肌に吸収されれば問題ありませんが、肌の表面に残ってしまう場合があります。
吸収されずに残った油分と眠っている間に分泌された皮脂が混ざり合うと、テカリや毛穴のつまり、黒ずみなどの原因となってしまうのです。

朝にクレンジングを行うと、ぬるま湯では落としきれなかったこのような油汚れをキレイにオフすることができます。落としにくい毛穴の汚れなども油汚れに強いクレンジングならしっかりと落とすことができるので、肌をまっさらな状態にすることができるのです。
また、短時間でも行えるので忙しい朝を過ごす女性にはうれしいですよね。



ちょっと待って! 気を付けたいデメリット

一見大きなメリットがあるように思える朝クレンジングですが、実は注意が必要です。
クレンジングはぬるま湯による洗顔よりも肌に負担をかけてしまう可能性があります。肌トラブルの原因となる油分をしっかり落としてくれるということは、それだけ肌に必要な油分まで落としてしまうリスクが高いということですね。

また、石鹸や洗顔料などを泡立ててクッションにするというようなこともしないので、肌を摩擦しやすくなってしまうというデメリットも。
夜メイクオフする時と同じような感覚で顔の細かいパーツまでクルクルと摩擦してしまうと、デリケートな朝の肌には逆効果となってしまうかもしれません。



朝クレンジングの効果を引き出すポイントとは?

朝クレンジングの効果を引き出すポイントとは?

■オイルタイプのクレンジングは避ける
夜にはアイラインやウォータープルーフのマスカラなどを落とすために、洗浄力の高いオイルタイプのクレンジングを使っているという方も多いですよね。
ですが、それでは肌の皮脂を取りすぎてしまう可能性があります。
朝クレンジングには洗浄力の強すぎないクリームタイプのクレンジングがおすすめ。必要なうるおいを残しながら皮脂汚れを取り除くことができますよ。

■肌は絶対にこすらない
夜クレンジングを行う時は濃いアイメイクなどを落とすために細かくクルクルと指を滑らせるかと思いますが、朝クレンジングは特定のパーツを重点的に洗う必要はありません。
肌は絶対にこすらずに、顔全体にクレンジングを優しくなじませるように行うのがポイントです。

■回数は週に1~2回
乾燥肌・敏感肌の方にはクリームタイプのクレンジングでも洗いすぎになってしまう可能性があります。毎日は行わずに肌の様子を見ながら行っていくことが大切です。
目安としては週に1~2回程度行うようにしましょう。
1週間に数回でも朝クレンジングを実践してみることで、毛穴の状態やメイクのノリ、スキンケアの浸透率が大きく変わってきますよ。

正しい朝クレンジングの方法をマスターして、トラブルのないまっさらな肌を目指しましょう!


この記事を読んだ方におすすめ