カート カート 0
0商品がカートに入っています。 合計:0円 カートを見る

アトピー悪化はストレスが原因? そのメカニズムと対策

アトピー悪化はストレスが原因? そのメカニズムと対策

アトピー悪化はストレスが原因? そのメカニズムと対策

アトピーが悪化してしまう原因は、その時の体調やスキンケアが肌に合わなかったことなどさまざまです。
その中のひとつとして、「ストレス」も原因であると考えられています。
そこで今回は、アトピーとストレスの関係についてご紹介します。
さらに日常生活で気をつけるべきことなど、アトピー悪化対策についても紹介しています。

ストレスが原因という理由は?

ストレスは健康や美容にとってもマイナスであることは広く知られています。
これはアトピーに関しても同様のことがいえるのです。
人はストレスを感じると、副腎皮質ホルモンの一種であるコルチゾールという物質を分泌させます。
コルチゾールが大量に分泌されると、リンパ球の働きを鈍らせ免疫力を低下させます。
このことからストレスを感じることによって分泌される物質の影響で、アトピーも悪化してしまうというわけです。
また、ストレスを感じているときは体がこわばり、血流も滞りがちになります。
こういったこともアトピーを悪化させる原因のひとつです。



アトピーという事実にストレスを感じている

アトピーの人は、自分がアトピーだということ自体にストレスを感じている人が多いです。
「ずっとこの体質と付き合っていかなくてはいけない」ということが悩みになり、症状が悪化すればするほど更なるストレスとなっていってしまいます。
自分がアトピーだということを受け入れ、症状が進行しかけたとしても「こういったケアをすれば大丈夫!」という自分なりのケアを知っておくことで、ずいぶん気持ちの面での負担を減らすことができます。



頑張りすぎない!

頑張りすぎない!

責任感が強く、なんでもきちんとこなすことが当たり前、という人はアトピーが悪化しやすい傾向にあるといわれています。
知らず知らずのうちにその頑張りがストレスとなり、自分を追い込んで行ってしまうケースも珍しくありません。
「疲れがたまっているな」と感じたらちょっとだけ休んで、「頑張りすぎない」ことを頑張ってみてはいかがでしょう。



好きなようにやってみることも◎

「こうでなければいけない」と型にはまることも時には必要ですが、それがストレスとなっているなら、たまには好きなようにやってみることも悪いことではありません。
やりたいけど我慢、を繰り返しているなら、たまにはハメを外して一度リセットするのも良いでしょう。



質の良い睡眠は大切

心も体も安定させるには、質の良い睡眠をとることはとても大切なことです。
眠る前のスマホをやめて、薄暗い部屋でゆったりとした時間をすごしてから布団に入るだけでも、眠りの質が向上します。

このように、心と体に栄養を蓄えることがアトピー対策に役立ちます。
今一度、毎日の過ごし方を見直してみてはいかがでしょうか。


この記事を読んだ方におすすめ