カート カート 0
0商品がカートに入っています。 合計:0円 カートを見る

「血行不良」が原因の【くすみ】を改善する方法とは

「血行不良」が原因の【くすみ】を改善する方法とは

「血行不良」が原因の【くすみ】を改善する方法とは

顔を老けた印象に見せてしまう、肌のくすみ。
そんなくすみを「改善したい!」と思って美白ケアに励んでいる女性も多いのではないでしょうか。
しかし血行不良によるくすみの場合、美白ケアだけでは透明感のある素肌を作り出せません。
それは一体どういうことなのか、血行から改善するくすみ解消法と共に詳しくご紹介します。

肌のくすみと血行不良の関係性

肌がくすむ原因は主に2つあり、1つが日焼けやシミの元となるメラニンです。
紫外線を浴びてメラニンが増えると、肌が茶色くくすんだ状態になります。

そしてもう1つの原因が、体内の血行不良です。
血液の流れが悪くなると血管の色が鮮やかな赤色から青紫色に変化して、顔色をどんよりと暗く見せてしまうのです。

メラニンが原因のくすみにはピーリングや美白ケアが有効ですが、血行不良が原因の場合はそれほど効果が現れません。
後者の場合は、血液の流れを促進させるケアが必要になるのです。
では、その具体的なケア方法を詳しく見ていきましょう。



血行不良から改善するくすみ解消法

血行不良から改善するくすみ解消法

≪マッサージをする≫
外部から肌を刺激することで、皮膚の下を流れる血液の循環を促すことができます。
ただし、肌を強くこすると摩擦によって色素沈着や肌荒れを招いてしまうので要注意。
以下のような方法で、優しく丁寧なマッサージを行いましょう。

■マッサージ方法
1.顔と首周りに、オイルやマッサージ専用のクリームを塗ります。
2.顔の内側から外側へ向かって、老廃物を流すように指先を滑らせます。
3.顔全体を程よく刺激したら、こめかみを指で2~3回押します。
4.耳の下から鎖骨に向かって、手のひらを5回ずつ滑らせます。
5.最後に鎖骨周りを数回プッシュして完了です。
顔だけでなくデコルテも同時にマッサージを行うことが、血行を促すポイント。
蒸しタオルやスチームで肌を温めながら行うと、より効果的です。

≪体内を温める≫
体の内側が冷えていると、どんなに外側から刺激を与えても血行不良が改善しません。
冷えた飲食物を控えること、また、お腹や腰にカイロを貼って体の芯から温めることを心がけましょう。

≪ストレスを避ける≫
過剰なストレスは自律神経の乱れを招くため、血行を悪くさせる原因になります。
ストレスはできるだけ避けること、そして悩みやイライラを抱え込まずに適度に発散することが大切です。

≪適度な運動をする≫
ウォーキングなどの適度な運動は、体を温めるうえにストレスを軽くする効果があります。
ダンスやカラオケなどでもOKなので、定期的に続けられる運動を見つけましょう。

スキンケアをしっかりと行っているのにくすみが改善しない場合は、血行不良によるくすみを疑ってみましょう。
原因ごとに正しい対処法を行うことで、肌トラブルも少なくなっていきますよ!


この記事を読んだ方におすすめ