カート カート 0
0商品がカートに入っています。 合計:0円 カートを見る

「ほうれい線」と「笑いジワ」の違いとそれぞれの予防方法とは

「ほうれい線」と「笑いジワ」の違いとそれぞれの予防方法とは

「ほうれい線」と「笑いジワ」の違いとそれぞれの予防方法とは

鼻から唇の横に伸びるライン。
多くの女性がそのラインのことを「老け顔に見える」と気にかけていますが、“ほうれい線”と“笑いジワ”とその呼び名は人によって違います。
ほうれい線と笑いジワには、違いがあるのでしょうか?
今回は“ほうれい線”と“笑いジワ”それぞれの違いと、解決方法をご紹介します。

ほうれい線とは?

・ほうれい線の原因
ほうれい線がシワだと思っている方もいますが、シワではなく、頬の境界線の事を指しています。
肌の弾力を保ち肌の土台となっているコラーゲンは、加齢や紫外線の影響で減少していきます。次第に皮膚を支えられなくなり肌がたるみ、頬の境界線が目立ちほうれい線ができてしまうのです。
また、コラーゲンの減少だけではなく、頬杖をつく、左右どちらかの歯だけを使い食事をするなどの癖があると筋肉のバランスが崩れ頬や口周りのたるみの原因となる事があります。

・ほうれい線の解消方法
1.顔の筋肉を鍛える
たるみ肌を支えるための筋肉を鍛えましょう。
毎日の習慣としてできることは、食事の際によく噛み、話す時は口を大きめに開けるなどが効果的です。また、良く笑うと筋肉をたくさん使うので筋肉が鍛えられます。
また、デスクワークをされている方は、血行不良やPC操作時の姿勢が肌をたるませてしまうことがあるので注意しましょう。

2.悪い癖を遮断する
頬杖をつく、左右どちらかの歯でのみ噛み食事をする癖のある方はその癖を今すぐ止めましょう。すると筋肉のバランスが改善され、たるみの進行を防ぎます。

3.顔全体のハリケア
シワのケアというとついついパーツケアを意識してしまいがちですが、肌は一枚の皮です。
全体をケアして「ほうれい線」ができにくい環境をつくる必要があります。
保湿ケアはもちろん、リンパマッサージや表情筋を動かすなどして、ハリのある肌をキープしましょう。
また、摩擦は肌表面を傷つけてしまうので、マッサージなどを行う際は、肌に摩擦を生まないようにやさしく丁寧におこなってくださいね。

【笑いジワとは?】
笑いジワは、ほうれい線である頬の境目の陰となったラインとは異なり、ほうれい線と同じ個所にできる皮膚に定着してしまった“シワ”です。

・笑いジワの原因
年を重ねコラーゲンが減少するとともに、肌の水分量も少しずつ減少します。
すると肌が乾燥し、笑った時などの表情ジワが定着し易くなってしまうのです。
つまり、肌の水分量が多いと、笑いジワが目立ちにくいと言うことでもあります。
夏場は目立たない方でも冬は空気が乾燥しているため、冬になると笑いジワが出現する方もいます。

・笑いジワの解消法
1.寝る前に口元にオイルを塗って寝る
寝る前に、顔全体に潤い成分の配合された美容液を塗り、その後口元にたっぷり美容液をつけマッサージして下さい。仕上げにフェイス用のオイルを塗って寝ると、寝ている間の肌の乾燥を防げるのでおすすめです。

2.外出時の気になる口元の乾燥はリップクリームで応急処置
また、外出時に口元の乾燥が気になったら、リップクリームを笑いジワのラインに沿って薄く塗り馴染ませると乾燥が改善し、笑いジワが目立ちません。

「ほうれい線」と「笑いジワ」の違いとそれぞれの予防方法とは

ほうれい線はたるみが主な原因であるのに対し、笑いジワは乾燥に原因があってできてしまうものです。
どちらも、できてしまうと老け込んだ印象になってしまうので、しっかりとケアをして予防していきましょう。


この記事を読んだ方におすすめ