カート カート 0
0商品がカートに入っています。 合計:0円 カートを見る

寒い冬に最適!「温活」で健やか肌をキープして

寒い冬に最適!「温活」で健やか肌をキープして

寒い冬に最適!「温活」で健やか肌をキープして

「温活」という言葉をご存知でしょうか。温活とは、体を温め、体の冷えを改善する美容法のことです。体が冷えてしまうと、美容面や健康面でさまざまな不調が現れます。
健康的な体と、輝く健やか肌をキープするためには、体を温めることが重要です。
今回は、温活が美容にもたらす効果とおすすめの温活方法をご紹介いたします。

「温活」はなぜ美容に必要?

人の体温は、1℃下がる度に体の免疫が30%減るといわれています。
免疫が低くなればなるほど、その分肌は乾燥しやすくなり、吹き出物ができたり肌荒れを起こしやすくなったりしてしまうのです。
そんな肌トラブルを避けるためには、体を温める「温活」が最適。温活をして体温を上げることで、血行が促され、肌荒れを起こしにくい健康的な素肌を手に入れることができます。
さらに、体温が上がり新陳代謝が良くなることで、むくみが解消され太りにくい体質にもなります。美容や健康はもちろん、ダイエットにも効果的な温活は、寒い冬の美容法にピッタリ。次に、効果的な温活の方法をご紹介いたします。



毎日湯船に浸かる

仕事や家事などに忙しく働く女性にとって、毎日の入浴は難しいものもありますが、体を温めるためには湯船につかることがとても重要です。
湯船につかるときのポイントをいくつかご紹介します。

・肩までつかる
半身浴をする方も多いですが、とくに冬は半身浴だと体の上半身が冷えてしまい、血液が上のほうまでうまく循環されません。
お風呂は肩までつかり全身をしっかり温めましょう。

・お風呂の中でマッサージをする
湯船の中で体をマッサージすると、血行がよくなり、むくみが解消しやすくなります。
とくに血管が集まっている足裏をマッサージで刺激すると全身がポカポカ温まりますよ。
足裏をマッサージしたあとは、ふくらはぎ、膝裏、太ももの順に下から上へと手を滑らせていきましょう。

・お風呂上りは体を冷やさないように
せっかく湯船に浸かって体を温めても、脱衣所や部屋の中が冷えている状態だと体がすぐに冷え切ってしまいます。なるべく体を冷やさないためにも、暖房やヒーターなどで部屋を暖めておくようにしましょう。また、ボディケアなどの保湿はお風呂の中で行うと、体を冷やすことなく終えることができます。

・寝ている間に冷えないような工夫を!
温活を完璧に行うためには、寝ている間にも油断は禁物。
ベッドに入って寝ている間にも、布団がかかっていなかったり足元が冷えてしまったりすることがあります。就寝中の暖かさをキープするためにも、湯たんぽを使用したり、腹巻を使ったりと体を冷やさない工夫を取り入れましょう。


暖かい飲み物で体の内側からポカポカに

朝起きたあとや就寝前のリラックスタイムには、体を温めるハーブティーなどを飲むことをおすすめします。ノンカフェインのものをチョイスすれば、睡眠に影響を与えることもなく安心です。カモミールティーやハイビスカスティー、ルイボスティーなどフレーバーをたくさんそろえれば、気分によって飲みわけができて楽しさもアップ。1日の始まりと終わりにぜひ取り入れてみましょう。


寒い冬に最適!「温活」で健やか肌をキープして

温め美容ともいえる「温活」は、女性に嬉しい効果がたくさん!
今日から温活を取り入れて、寒さや乾燥から不調に陥りがちな冬に負けない体と肌を作っていきましょう。


この記事を読んだ方におすすめ