カート カート 0
0商品がカートに入っています。 合計:0円 カートを見る

1秒でも早くがカギ! 早さが勝負のお風呂上がりのスキンケア

1秒でも早くがカギ! 早さが勝負のお風呂上がりのスキンケア

1秒でも早くがカギ! 早さが勝負のお風呂上がりのスキンケア

リラックスタイムでもある夜のお風呂でのひととき。1日の疲れと汚れを落とし、スッキリとしてお風呂を上がったあとは、ゆっくりとした夜を過ごしたいものですが、実は意外とやることがたくさん。体や髪の水分を拭き取って、下着やルームウェアに身を包み、ドライヤーをかけて…… と慌ただしくなってしまいます。
しかし、実はこの間にも肌の水分は奪われ、乾燥が始まっていることをご存知でしょうか。
バスタイム後は肌が乾燥しやすいため、お風呂から上がったら何よりも先にまずスキンケアをすることが重要です。
そこで今回は、夜のお風呂上りに行うべきスキンケアについてご紹介します。肌を乾燥から守り、潤い肌をキープしましょう。

お風呂から上がったらコップ1杯の水を飲んで

ゆっくりと湯船に浸かって汗や老廃物を流したあとの体は、一見健康そうに見えますが実は水分不足のカラカラ状態。体内の水分が足りていないままスキンケアを行っても、美容成分が浸透しづらく、肌もすぐに乾燥してしまうためせっかくのケアがムダになってしまいます。そのため、お風呂から上がったらまずは、コップ1杯の水を飲みましょう。
お風呂から上がったらすぐ飲めるように、あらかじめ用意をしておき、脱衣所に置いておくとスムーズです。



まずはフェイスケアから! しっかりと保湿して肌の潤いキープ

保湿ケアというと、顔以外にもボディやヘアなども挙がりますが、やはり何よりも先に行っておきたいのがフェイスケア。
顔は乾燥がとくに気になりやすく、翌日の化粧のノリまでもが左右されてしまいます。もちろん、シワやシミ、ニキビなどの肌トラブルが目立ちやすい部分であるのも顔です。
お風呂から上がったら、遅くても5分以内には顔の保湿を開始できるように心掛けましょう。また、体が温まっているうちのほうが、化粧水や美容液の浸透も上がります。余裕があるときにはお風呂上りにスチーマーなどを併用し、徹底的にフェイスの保湿ケアを行いましょう。


フェイスケアの次はボディーケアを

フェイスケアが終わったら、急いでボディーケアへ移りましょう。
肌が濡れている状態でケアをしたほうが、ボディーローションやクリームが伸びやすく、隅々までのお手入れがしやすいです。
肌が乾き切る前に、ボディーローションやクリームをたっぷり体につけてあげましょう。
とくに乾燥しやすい肘や膝は入念に塗って下さい。
塗り終わったらタオルでやさしく肌を押さえ、ローションやクリームを馴染ませて完成です。


最後にヘアケアで完成!

ボディーケアの次はヘアケアへ。まずはタオルドライで水気を取ります。こすりあわせるのではなく、ポンポンと軽く叩くようにして水分をオフするのがポイントです。
そして、ヘアトリートメントをつけてから、ドライヤーの温風と冷風を交互に髪に当てて乾かしていきます。こうすることで髪にしっかり潤いを閉じ込めることができます。
また、自然乾燥は髪がパサつくのはもちろん、髪が痛んでしまいます。必ずドライヤーを使って乾かしましょう。


1秒でも早くがカギ! 早さが勝負のお風呂上がりのスキンケア

お風呂から上がったら「フェイス→ボディー→ヘア」の順番でケアをするのがベストな方法。カサカサの肌やパサパサの髪の毛では、女性としての魅力も半減してしまいます。夜、お風呂から上がったら1秒でも早くスキンケアに取り掛かり、全身の潤いを守っていきましょう。


この記事を読んだ方におすすめ