カート カート 0
0商品がカートに入っています。 合計:0円 カートを見る

紫外線は夏だけじゃない!? 冬に行うべきUVケアとは

紫外線は夏だけじゃない!? 冬に行うべきUVケアとは

紫外線は夏だけじゃない!? 冬に行うべきUVケアとは

紫外線と聞くと、太陽がぎらぎらと照りつく夏の季節を思い浮かべる方が多いでしょう。
しかし、実は冬にも紫外線はしっかりと降り注いでいます。全くUVケアをせずに油断をしていると、紫外線による肌トラブルを招いてしまいますよ。
そこで今回は、冬の紫外線が肌に与える影響と、冬ならではのUVケアについてご紹介いたします。

冬の紫外線がシワやたるみの原因に!?

空気が乾燥し、もともと肌が敏感になっている冬の季節はとくにスキンケアに気を付けたいシーズンです。冬に必要なスキンケアというと保湿ケアが真っ先に挙がりますが、実はUVケアもとても重要なもの。
紫外線には「UVA」と「UVB」の2つの種類があり、冬にはUVAが多く降り注いでいます。UVAは肌の奥にダメージを与えて、肌の弾力を低下させたりシワを作る原因となる紫外線。女性の大敵であるたるみやシワは、紫外線が大きな原因となっているのです。
もちろん、たるみやシワ以外にも肌への影響はたくさん。冬であっても晴れた日には日焼けをすることもあり、シミやそばかすの原因となることもあります。
いつまでも自信あふれる素肌をキープしていくためには、冬であってもUVケアを行うことが大切なのです。



冬の紫外線ダメージを防ぐUVケアとは?

・外出時には日焼け止めを塗って
たとえ10~15分程度のお散歩であっても、外出時には顔に日焼け止めを塗りましょう。
とはいえ、夏に使用するような高SPFやPAの日焼け止めでなくてもOK。UVケアができるファンデーションやメイク下地を塗る程度が目安です。
ウィンタースポーツやレジャーを覗き、日常の外出程度であればSPF10やPA+程度でいいでしょう。あまりに数値の高い日焼け止めを使用してしまうと、肌へのダメージが大きくなってしまいます。

・お家での日向ぼっこに注意!
太陽が柔らかな日差しを注ぐ冬の晴れの日は気持ちの良いものです。こんな日には家のカーテンを全開にして、暖房がついた温かい部屋の中でウトウトしたくなってしまいますが、実はこれはNG!
ガラス越しだとつい油断してしまいますが、UVAは窓ガラスを通り抜けて肌の奥にダメージを与えるという特徴があります。太陽のぽかぽかは嬉しいですが、紫外線によるダメージは不要なもの。家にいるときでも窓際を避けたり、窓にUVカットフィルターを貼ったりするなどの工夫をしておきましょう。

・帽子や手袋などの冬小物を上手に活用して
寒い冬にはニット帽や手袋などのあったかアイテムが欠かせませんが、実はこれがUVケアに一役買ってくれる心強い味方です。顔には冬でも日焼け止めが必須ですが、手や首などのボディパーツは手袋やストールなどで保護をするのがおすすめです。洗濯物を干すときや短時間の外出程度のときには、防寒兼UVケアとして冬小物を身に着けましょう。

・日頃のスキンケアで乾燥対策を忘れずに
紫外線を浴びてしまうと、肌を外部の刺激から守る肌バリア機能が壊されてしまいます。
肌バリア機能が低下してしまうと、水分が保てなくなるため乾燥肌の原因に。ただでさえ乾燥しがちな冬の肌が、さらにカサカサ状態になってしまうのです。
そんな状態を引き起こさないためには、UVケアを行いながら毎日の保湿ケアもしっかりと行うことが大切です。丁寧にハンドプレスを行ったり、高保湿クリームを使ったりして冬の肌を守りましょう。


紫外線は夏だけじゃない!? 冬に行うべきUVケアとは

紫外線は目には見えないものですが、確実に肌へのダメージを与えて老化や肌トラブルを引き起こします。冬だからといって気を抜かず、毎日しっかりとUVケアを行っていきましょう。

この記事を読んだ方におすすめ