カート カート 0
0商品がカートに入っています。 合計:0円 カートを見る

お出かけ前に確認! 肌を守る花粉皮膚炎対策法5つ

お出かけ前に確認! 肌を守る花粉皮膚炎対策法5つ

お出かけ前に確認! 肌を守る花粉皮膚炎対策法5つ

花粉の舞う季節になると、目がかゆくなったり鼻水が出たり、いわゆる花粉症の症状に悩まされる方も多いですよね。花粉症に悩まされる方は年々増加していますが、そんな中花粉が原因で顔全体がかゆくなってしまったり、顔が腫れぼったくなったりという肌トラブルに悩まされる女性も増えてきています。
これらの症状は、花粉皮膚炎が原因になっていることが多いもの。
花粉の季節の肌の不調を防ぐためには、一体どんなことに気を付ければ良いのでしょうか。 今回は、5つのポイントをご紹介します。

基礎化粧品を敏感肌用のものに変える

花粉皮膚炎のときの肌は、一時的に肌のバリア機能が低下して、肌が弱ってしまっている状態です。いつもの基礎化粧品ですら、少ししみる…… という方もいらっしゃるかもしれませんが、その場合にはなるべく低刺激な基礎化粧品を使うことが大切です。また、まだ花粉による肌トラブルを感じていないという方でも、予防のためにも、花粉の季節になったら基礎化粧品を敏感肌用のものに変えておくと安心です。



いつもより丁寧に保湿ケアをする

花粉皮膚炎では、肌の表面に本来あるはずのうるおいの膜が薄くなってしまっています。
部分的に粉ふき状態になったり、実際に乾燥を実感している方も多いでしょう。
顔がヒリヒリする原因も、ほとんどは乾燥によるものです。
乾燥を防ぐためには、いつものスキンケアよりもさらに丁寧な保湿ケアを行うことが大切です。お風呂上りや洗顔後には、なるべく早く保湿ケアに取りかかるよう心掛けたり、普段よりも少し多めにクリームを塗ったりして、肌の乾燥を防ぎましょう。



メイクはなるべく最低限に

肌トラブルが起こっていると、ついファンデーションを重ねてカバーしたくなりますが、弱った肌に厚塗りメイクは負担になってしまいます。なるべくファンデーションは避け、低刺激のオールインワンクリームを薄くつけるだけにするなど、肌に負担の少ないメイクに変えましょう。



洗顔時のゴシゴシ洗いはNG

これは花粉皮膚炎ときだけにいえることではありませんが、とくに肌の乾燥やトラブルに悩まされている場合には、洗顔やクレンジング時の摩擦には気を付けたいもの。
なるべく肌に摩擦が起こらないように、たっぷりの泡やクリームを滑らせるようにして洗顔を行いましょう。また、メイクを落とすときのクレンジング剤はなるべく優しい洗い心地のものを選ぶことが大切です。



ビタミン類を積極的に摂る

低下している肌のバリアを内側から守るためには、日々の食事も大切なポイントです。
ビタミンB群は、肌の新陳代謝アップに役立ち、ビタミンAやC、Eは弱った肌をサポートしてくれる心強い味方です。ビタミンBは豚肉に多く含まれています。脂身の少ない部位を選べば、よりヘルシーで良質なビタミンを摂取することができますよ。


お出かけ前に確認! 肌を守る花粉皮膚炎対策法5つ

今回ご紹介したポイント以外に、日々の睡眠の質を上げることも肌を守るためには欠かせません。マスクやゴーグルなど基本の花粉症対策と合わせて、花粉の季節にはこれらのポイントをぜひ意識してみてくださいね。

この記事を読んだ方におすすめ