カート カート 0
0商品がカートに入っています。 合計:0円 カートを見る

乾燥肌対策に取り入れたい! スキンケア時の「ハンドプレス」

乾燥肌対策に取り入れたい! スキンケア時の「ハンドプレス」

乾燥肌対策に取り入れたい! スキンケア時の「ハンドプレス」

「化粧水や美容液などを使ってきちんとスキンケアをしているのに、なぜか肌が乾燥してしまう」というお悩みを持つ方は多いでしょう。
お風呂上りや洗顔後のスキンケアはもはや常識ですが、毎日欠かさず行っていても肌の乾燥が気になるという場合には、そのつけ方に問題があるのかもしれません。
基礎化粧品の働きを最大限に得るためには、スキンケア時に「ハンドプレス」を取り入れるのがおすすめです。毎日のスキンケア時に、ほんの少しだけ時間を長くとるだけで基礎化粧品の効果をグッと上げることができます。
そこで今回は、ハンドプレスの正しいやり方をご紹介いたします。

ハンドプレスの重要性とは?

基礎化粧品でスキンケアを行うときには、手やコットンを使う方法がありますが、乾燥肌でお悩みの方には手を使ったハンドプレスが最適です。
手のひらを使って肌を包み込むように塗っていくことで、手の温かさが加わってより肌の奥へ基礎化粧品の成分が浸透しやすくなります。

また、手で押さえ込む圧力によっても基礎化粧品が馴染みやすくなり、水分の蒸発を防ぐことができます。血行促進にも期待ができるので、くすみやむくみなども解消され、引き締まった素肌へ近づけることができます。女性にとって嬉しい効果たっぷりのハンドプレスは、保湿効果をアップさせるだけでなく、他の肌悩みにもアプローチしてくれるのです。

さらに、毎日ハンドプレスを行うことで、肌の調子を常に知ることができるというのもメリットの1つです。朝晩の1日2回、スキンケア時に手で直接肌に触れておくと、肌の調子に変化があったときにはいち早く察知することができます。
肌の調子によってはハンドプレス方法を変えたり、メイクを薄くしたりとケアの仕方が変わるため、自分の肌の状態を把握しておくことは美しさキープに欠かせないのです。

健やかな肌は、女性にとって大きな武器となるもの。乾燥状態のカサカサ肌では美しさが損なわれることはもちろん、シミやシワもできやすくなってしまいます。正しいハンドプレス方法を知って、乾燥肌などのお悩みを解決していきましょう。次に、毎日のスキンケア時に取り入れたいハンドプレスの方法をご紹介いたします。



正しいハンドプレスの方法とは?

ハンドプレスというと、肌を手で押さえ込むイメージがありますが、ただ顔を押さえればOKというわけではありません。しっかりと保湿効果を得るためには、正しい手順で丁寧に行うことが大切です。ハンドプレスのコツを見ていきましょう。

・ハンドプレスの方法
1.基礎化粧品を手のひらに適量とり、手のひら同士を合わせて温める
2.目のキワやフェイスラインまで顔全体に基礎化粧品を均一に塗る
3.両手で顔の中心を優しくおさえて10秒キープ
4.両手でひたい→あご→頬→フェイスラインを押さえ込みそれぞれ10秒キープ

ハンドプレスを行うときには、強い力で叩き込んだりこすったりしないよう注意してください。優しい力加減で、肌をふわっと覆うように手で押さえるのがポイントです。
また、押さえるときには肌を下から上へ持ち上げるように意識をするのも重要です。とくに頬やフェイスラインなどのパーツは、肌をリフトアップさせるイメージで、下から上へ持ち上げながらハンドプレスをしましょう。



乾燥肌対策に取り入れたい! スキンケア時の「ハンドプレス」

寒い冬にはもちろん、季節の変わり目や夏にまで多くの女性を悩ませる乾燥肌。
潤いに溢れた肌をゲットするためにも、毎日のスキンケアにハンドプレスを取り入れていきましょう。


この記事を読んだ方におすすめ