カート カート 0
0商品がカートに入っています。 合計:0円 カートを見る

寒い冬にはご用心!? 口元に「赤み」が起こる原因とは?

寒い冬にはご用心!? 口元に「赤み」が起こる原因とは?

寒い冬にはご用心!? 口元に「赤み」が起こる原因とは?

人と会話をするときや食事をするときなどは、自然とその人の口元に目が向いてしまうもの。自分では意識をしていなくても、意外と口元は人から見られているのです。
とくに女性にとって、口元は重要なパーツの1つ。お手入れが行き届いた潤いたっぷりのぷるぷる唇は、女性の魅力を大きく引き立ててくれます。
しかし、どんなに唇が美しくても、その周りが赤くなっていたり乾燥していてはせっかくの魅力も半減してしまいます。とくに冬などの乾燥シーズンは、口元の赤みが気になる季節です。しっかりと口元のスキンケアを行って、赤みなどのトラブルを避けましょう。
今回は、口元に起こる赤みの原因とともに、おすすめのケア方法をご紹介いたします。

口元が赤くカサカサしている…… 原因はなに!?

・乾燥
冬は空気が乾燥し、1年の中でもとくに肌の乾燥が気になる季節ですが、このときに口元の水分が奪われてしまうとかゆみを伴ったり、カサカサとした状態になってしまいます。
口元の乾燥は赤みの原因となることはもちろん、ニキビなどもできやすくなってしまうため注意が必要です。乾燥に悩まされている方は、とくに保湿に特化したケアが大切です。

・摩擦
食事の際や無意識にでも口を拭いたり、こすったりすることがあるでしょう。
口は意外にも刺激を受けやすいパーツです。とくに女性の場合には、口紅などのメイクがあるため、その刺激も大きくなっています。中でも最近の口紅は、食事をしても飲み物を飲んでも落ちにくいというものが増えました。これらは大変便利なメイクアイテムですが、クレンジングに目を向けると少々厄介な一面も。1度だけのクレンジングでは落としきれずに、ついゴシゴシと強い力でこすってしまうという方も多いでしょう。こういった日常的な摩擦が蓄積すると、敏感肌や赤みを起こす原因になってしまいます。



口元の赤みを予防・改善!

・優しく丁寧なスキンケアを心掛けて
口元の赤みを防ぐためには、乾燥気味の肌にしっかりと潤いを与えることが大切です。
とくに口元は、よく動かしたり刺激を受けやすいパーツのため、他のパーツに比べても念入りなケアが必要です。基礎化粧品を手に取ったら、一度手のひらで温めてから口元に塗っていきましょう。基礎化粧品を塗ったあとには、手のひらで優しく口元を包み込み、約10秒の間押さえておくとより浸透力をアップさせることができます。

・クレンジングを丁寧に
落ちにくいタイプの口紅などを落とすときには、こすらなくてもOKなポイントリムーバーを使うのがおすすめです。とくに赤やピンクなどの濃い色味を使用したときには、きちんと落とさないと色素沈着を起こしてしまうことも。コットンにポイントリムーバーを適量取り、唇の上を滑らせるようにして口紅を落としましょう。
また、なるべく低刺激の肌に優しいポイントリムーバーを選ぶことも大切です。



寒い冬にはご用心!? 口元に「赤み」が起こる原因とは?

スキンケアやクレンジングなどに注意する以外にも、食後に口を拭くときにはなるべく柔らかいティッシュで押さえるように拭いたり、水で洗い流すようにするなどの工夫も重要です。また、冬ならではの原因として、マスクやマフラーなどの繊維が口元に摩擦を与えたり、刺激を加えることがあります。刺激に負けない肌を作るためにも、しっかりと日々の保湿ケアを行っていきましょう。


この記事を読んだ方におすすめ