カート カート 0
0商品がカートに入っています。 合計:0円 カートを見る

毛穴も老化する!? 冬こそやっておきたい毛穴ケアとは

毛穴も老化する!? 冬こそやっておきたい毛穴ケアとは

毛穴も老化する!? 冬こそやっておきたい毛穴ケアとは

肌がごわつきやすい冬は乾燥などのお悩みが増えますが、毛穴にも老化ダメージが起こりやすくなっていることをご存知でしょうか?
毛穴のトラブルは意外と目立ちやすく、メイクをしてもカバーしにくいもの。
毛穴の老化とは、具体的にどのような症状なのか、それを防ぐためのケア方法とあわせて詳しく見ていきましょう。

冬に起こりがちな「毛穴の老化」とは?

・毛穴づまり
冬は気温や湿度が低下するため、肌が硬くなってターンオーバーが乱れやすくなり、肌の表面に古い角質が残りやすくなります。すると、その余分な角質が毛穴を塞いで皮脂がつまり、角栓ができてザラつき肌やくすみ肌の原因となってしまいます。毛穴づまりは、肌全体のトラブルへとつながってしまうのです。

・乾燥肌の悪化
毛穴がつまると、肌の潤いを保つために必要な皮脂が正常に分泌できなくなってしまいます。皮脂量が減る分、乾燥肌が悪化して肌のバリア機能が崩れたり、ターンオーバーが乱れてしまうのです。これをそのまま放置していると、ニキビやくすみなどのトラブルも引き起こされてしまいます。

・たるみ毛穴
冬はUVケアを怠りがちになってしまうため、紫外線によるダメージを受けやすい季節です。紫外線は肌のハリや弾力を保つコラーゲンを破壊するため、たるみ毛穴が発生しやすくなります。たるみ毛穴になると、毛穴が縦に伸びて涙型になったり、毛穴同士がつながってシワのような溝ができてしまい、大きく目立ってしまいます。



毛穴老化を防ぐケア方法

・クレンジング料は手のひらで温めてから使う
冬は肌が冷えて毛穴の汚れ落ちが悪くなっているので、クレンジング料を手のひらで温めてから使用し、メイク汚れを落としやすくすることが大切です。クレンジング料が十分に温まったら、指先でクルクルとメイクと馴染ませてから丁寧に洗い流しましょう。
ただし洗い流すときに熱いお湯を使うと、肌が乾燥しすぎて毛穴トラブルの原因になるので要注意。30~32℃ほどのぬるま湯で洗い流してください。

・スキンケアアイテムは少量ずつハンドプレスで重ねづけを
毛穴づまりを防ぐためには、化粧水などのスキンケアアイテムで肌にうるおいを与えてあげることが大切です。ただし、一度に大量の化粧水をバシャバシャとつけるのは効果的ではありません。化粧水や乳液などのスキンケアアイテムは少しずつ手に取り、ハンドプレスで2~3回重ねづけして肌にしっかり浸透させましょう。

・週に1度のオイルパックでスペシャルケアを
肌の乾燥が気になる方におすすめなのが、美容オイルを使ったスペシャルケアです。
洗顔後に美容オイルを顔全体に薄く塗ったら、蒸しタオルを乗せて肌をじっくり温めましょう。毛穴にもオイルが浸透して内側からふっくらと盛り上がり、毛穴の目立たないうるおいたっぷりの肌に導くことができます。
オイルパックをしたあとは軽くティッシュオフするか、ハンドプレスで馴染ませてから、いつも通りのスキンケアを行いましょう。

・冬でも万全な紫外線対策を
冬でも毛穴の老化を引き起こす紫外線は降り注いでいるため、日焼け止めによるケアはマストです。とはいえ、夏に比べて紫外線量は少ないので、UVカット効果の高いアイテムを使用しなくてもOK。UVカット効果のある化粧下地やファンデーションを使って、紫外線対策を行いましょう。



毛穴も老化する!? 冬こそやっておきたい毛穴ケアとは

毛穴の大きな開きやたるみ、毛穴つまりなどは肌全体に影響を与え、老け顔の原因となってしまいます。冬にはしっかりと保湿ケアを心掛け、毛穴レスのたまご肌を目指しましょう。


この記事を読んだ方におすすめ