カート カート 0
0商品がカートに入っています。 合計:0円 カートを見る

テカりやベタつきはもう卒業! 脂性肌のニキビ対策術

テカりやベタつきはもう卒業! 脂性肌のニキビ対策術

テカりやベタつきはもう卒業! 脂性肌のニキビ対策術

顔のテカりはもちろん、ニキビなどの肌トラブルも招きやすい脂性肌。
朝はキレイにメイクをしていても夕方になる頃にはテカりや崩れがひどかったり、顔や頭皮のベタベタとした肌触りにお困りの方も多いでしょう。
この脂性肌の原因は、体質や生活習慣、食生活、ホルモンバランスの乱れ、間違ったスキンケアなどが挙げられますが、これを正しく改善することで脂性肌の方が悩むニキビなどの肌トラブルを防ぐことができます。テカりやベタつき防止にも役に立つ脂性肌のニキビ対策術をご紹介いたします。

脂性肌にはなぜニキビができやすいの?

まず、正しいニキビケア方法の前に、「なぜ脂性肌には肌トラブルが起きやすいのか」というニキビ発生のメカニズムを知っておきましょう。
先述もしているように脂性肌の原因はさまざまですが、とくに一因となっているのが、ホルモン分泌のバランスが崩れ、男性ホルモンが優位になってしまうこと。
この男性ホルモンは、たとえ女性の体であっても食生活や生活の乱れ、ストレスなどが溜まると量が増えて、女性を男性化させてしまうのです。さらに男性ホルモンには、皮脂を作ったり増やすといった働きがあるため、肌がどんどんとオイリー化してしまいます。
このように皮脂が過剰に分泌されると肌がベタつくだけでなく、毛穴に皮脂がつまりやすくなり、結果的にニキビへと発展してしまうのです。これが、脂性肌にニキビができやすい大きな理由といえます。



脂性肌がニキビ対策をするにはどうすればいい?

「ベタつきが嫌で1日に何度も洗顔をする」「テカりが気になり過ぎてあぶら取り紙が欠かせない……」このようなケアは、実はNG。分泌される皮脂を必要以上に取り過ぎてしまうと、さらに皮脂が分泌されてよりオイリーな肌になってしまいます。
脂性肌のニキビ発生を防ぐためには、正しいスキンケアを行うことが大切です。早速、ニキビを防ぐための正しいケア方法を見ていきましょう。

・洗顔は優しく丁寧に! 柔らか肌を目指して
肌がベタついてくるとどうしても洗顔をしてサッパリしたくなりますが、必要以上に洗顔を繰り返していると、肌に必要な分の皮脂までも奪ってしまいます。洗顔は朝晩の1日2回にとどめ、洗顔時間にも注意をすることも大切です。皮脂を落とそうとして長い時間をかけて洗顔していると、肌が乾燥気味になってさらに余分な皮脂が分泌されてしまいます。洗顔をするときには、力加減に気を付けて時間はなるべく短く行いましょう。
また、洗顔後に顔を拭く際には清潔で柔らかいタオルを使用することも重要なポイントです。肌をこすって水分を取るのではなく、顔にタオルを優しく押し付けるようにして拭くようにしてください。

・洗顔後の保湿はマスト! 素肌の潤いを守って
テカりが気になるからといって、洗顔後の保湿ケアをサボってしまうのはNG。
皮脂をコントロールするためには、しっかりと肌に潤いを与えて水分と油分のバランスを取ることが重要です。洗顔後やお風呂上がりには、なるべく早く保湿ケアにうつりましょう。
しかし、とくに皮脂の分泌が多いTゾーンは、保湿クリームの塗りすぎにも注意が必要です。肌に膜をかけるようにうっすらと均一に伸ばし、強くたたき込んだりゴシゴシとこすったりしないように心掛けてください。また、普段使っている化粧品が本当に肌に合っているのか、一度見直しをするのもおすすめです。


テカりやベタつきはもう卒業! 脂性肌のニキビ対策術

脂性肌によるニキビを防ぐためには、毎日のケアが重要なポイントとなりますが、それとあわせて日々の生活習慣や食生活、ストレスの改善も大切です。
たっぷりと睡眠をとる、脂っこい食事を避ける、運動や趣味に励んでストレス解消するなど、体の内側からもしっかりとアプローチしていきましょう。


この記事を読んだ方におすすめ