カート カート 0
0商品がカートに入っています。 合計:0円 カートを見る

スモーカーズフェイスって一体何? タバコがたるみの原因に?!

スモーカーズフェイスって一体何? タバコがたるみの原因に?!

スモーカーズフェイスって一体何? タバコがたるみの原因に?!

喫煙が健康に悪影響を及ぼすことは、広く知られていますよね。
実は喫煙は、健康だけではなく美容にも悪影響を及ぼすってご存知でしたか?
もしかすると、年々目立ってくる顔のたるみはタバコが原因で起こっているのかもしれません。
今回は、気になる顔のたるみとタバコの関係についてお話しいたします。

スモーカーズフェイスって?

たるみやシワ、シミといった老化を防ぐために、日々のスキンケアに力を入れている方は多くいらっしゃいます。
しかし、いくら丁寧なスキンケアを心掛けていても、喫煙習慣があるとその努力は台無しに。
喫煙を長く続けていると、以下のような肌トラブルが起こってしまうのです。

・肌のハリの衰え
・上まぶた、下まぶたのたるみ
・毛穴の開き
・シミ、くすみ
・クマ
・シワ
・ほうれい線 など

これらの特徴が見られる顔は「スモーカーズフェイス」と呼ばれており、喫煙によって肌の老化が加速してしまうことがわかります。
なんと、喫煙者と非喫煙者では肌の老化スピードに5倍の差があるとまで言われているのです。



タバコがたるみを招く原因

一体なぜタバコが肌の老化を加速させ、たるみを悪化させてしまうのでしょうか?
主な原因は、以下の2つです。

・ニコチン
タバコに含まれているニコチンには、血管を収縮させたり、一酸化炭素を発生させたりする作用があります。
そのため、肌への栄養の供給が滞り、代謝が低下して潤いやハリが失われてしまうのです。
また、ニコチンによって卵巣の血流が悪化すると、美のホルモンとも呼ばれるエストロゲンの生成・分泌にも悪影響を及ぼしてしまいます。

・活性酸素(フリーラジカル)
タバコを吸うと、肌を老化させる元凶である活性酸素が発生します。
活性酸素は、肌の弾力を保つのに欠かせないコラーゲンやエラスチンといった組織の生成を妨げてしまうため、たるみを促進してしまうことに。
さらに、活性酸素を分解するために大量のビタミンCが消費されることも、肌の老化に拍車をかけてしまいます。



タバコが原因のたるみへの対策は?

喫煙者が肌のたるみを改善するためには、不足するビタミンCをしっかりと補うことが大切です。
種類によって異なりますが、タバコ1本で失われるビタミンCの量はおよそ25mg~70mg。
成人が1日に必要とするビタミンCは100mgとされているため、タバコを吸う本数が多いほど大量のビタミンCを摂取しなければなりません。
一番の改善策は、やはりタバコの本数を減らすこと。
活性酸素などのその他の害についても考えれば、禁煙するのが一番です。
急な禁煙が難しいという方は、まずは減煙から始めてみてください。
タバコの量を減らしつつ、ビタミンCをしっかりと補ってたるみに対策していきましょう。


スモーカーズフェイスって一体何? タバコがたるみの原因に?!

いかがでしたか? 顔のたるみとタバコの関係についてご紹介いたしました。
喫煙習慣が肌の老化を加速させるとお話ししましたが、タバコの影響を受けるのは喫煙者本人だけではありません。
「自分はタバコを吸わない」という方も、身近に喫煙者がいる場合は副流煙によって本人以上に影響を受けています。
喫煙習慣のあるなしに関わらず、極力煙草を遠ざけ、ビタミンCを摂取することがたるみの改善に繋がるのです。


この記事を読んだ方におすすめ