カート カート 0
0商品がカートに入っています。 合計:0円 カートを見る

意外と知らない「ニキビの種類」それぞれのケア方法

意外と知らない「ニキビの種類」それぞれのケア方法

意外と知らない「ニキビの種類」それぞれのケア方法

ニキビと聞くと赤く腫れあがっていたり、化膿しているものを思い浮かべる方も多いと思いますが、実は「白ニキビ」「黒ニキビ」「微小面皰」という炎症が起こっていない段階のニキビもあります。それぞれの種類によって特徴が異なり、肌にもたらすトラブルも異なるため、これをケアするためには、個々に合ったお手入れ方法を取り入れることが大切です。
赤くて痛いニキビになってしまわないように、早めに対策して予防しましょう。

ニキビの種類とそれぞれの特徴

・毛穴に角質がつまってできる「白ニキビ」
鼻の頭や眉間、額などのTゾーンに主にできてしまう白いボコボコとしたものは、「白ニキビ」というニキビです。白ニキビは毛穴に溜まった皮脂や角質が中で固まって、毛穴をふさいでいる状態のこと。ボコボコとした見た目とザラザラとした手触りが特徴で、肌の表面にポコッと突き出して見えることもあります。この白ニキビを放置したり、間違ったケアをしてしまうと黒ニキビや炎症を起こす原因になるため、正しいお手入れを行うことが大切です。

・黒くブツブツとした角栓「黒ニキビ」とは? 小鼻や鼻筋の脇などに発生しやすい黒いブツブツは、「黒ニキビ」と呼ばれています。
これは、分泌された皮脂が毛穴につまり、白ニキビとなったものが古くなって酸化し、黒く色が変わってしまったもの。この黒ニキビを放置すると、炎症が起きやすくなったり、さらに大きくなって毛穴が開きブツブツが目立つようになってしまいます。
ブツブツのイチゴ鼻に発展させないためにも、いち早くケアを取り入れましょう。

・目では確認できないニキビの卵「微小面皰」とは?
肌の表面では確認ができないものですが、ニキビの卵のようなもののことを「微小面皰」といいます。目で見えない分注意することが難しいものですが、これはやがて白ニキビへと進化し、毛穴の凹凸の原因となってしまいます。微小面皰を防ぐためには、正しい生活習慣や食生活、スキンケアを心掛けて、ターンオーバーを正常に整えることが大切です。



「白ニキビ」と「黒ニキビ」の予防・改善方法とは?

・「白ニキビ」の予防、改善方法 毛穴につまった白いニキビを見ると、つい指先で押したくなるという方もいますが、これは絶対にNG! このような間違ったケアをしてしまうと、毛穴の開きや炎症などさまざまなトラブルを引き起こしてしまいます。白ニキビをこれ以上増やさないように予防しながら、改善を狙うためには、何よりも丁寧な洗顔がカギを握っています。
洗顔時に使用するお湯の温度は人肌程度を目安にし、たっぷりの泡で肌を包み込むようなイメージで洗顔していきましょう。きめの細かいモッチリとした泡で洗顔することで毛穴の汚れが吸着されやすくなるため、泡立てネットなどを使用してモコモコ泡を作るのがポイントです。

・黒ニキビの予防、改善方法
古くなって固まってしまった黒いニキビをケアするためには、丁寧な洗顔にプラスして特別なお手入れを行うのがポイントです。
まずは、洗顔前に蒸しタオルを使って毛穴を開くことから始めましょう。そのあとクレンジングオイルや、オリーブオイル、ホホバオイルなどを使用して黒いニキビが気になる部分に伸ばします。1分程度放置してオイルが馴染んできたら指先を使ってクルクルと円を描きながらマッサージし、丁寧に洗い流しましょう。そのあとは、白ニキビの洗顔と同じように優しく顔を洗います。


意外と知らない「ニキビの種類」それぞれのケア方法

ふと気づいたときに肌に出現しているニキビですが、種類によって対策法が異なります。自分のニキビはどの種類なのかをしっかりとチェックして、正しいお手入れを行いましょう。


この記事を読んだ方におすすめ